フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > フィリピンが台湾経由のフライトも入国禁止にした背景
2020/02/12

フィリピンが台湾経由のフライトも入国禁止にした背景

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

zen2

新型コロナの影響で、今日本は中国の次に感染者が多い国になっています。一方フィリピンはというと、自国の感染者は多くないものの、先日の中国、香港、マカオ経由のフライトでの入国禁止(フィリピン人および永住権保有者は除く)に続いて、台湾経由(直行便含む)のフライトでの入国禁止を発表しました。※フィリピン国内の感染者は3名かつすべて中国人のみ

台湾は新型コロナによる感染者もそれほど多くなく、一方で我々のような日本人かつ日系の英語学校運営者にとって、日本人につぐ第二のマーケットです。(現時点で当校は台湾人ゼロ。姉妹校の3D ACADEMYでも10%程度にとどまっています)

今日はフィリピン政府が台湾も中国、香港、マカオに加えた理由について解説します。※2月14日に台湾からは入国できるようになりました。

「台湾は中国の一部」は中国だけの考えではない

我々日本人にとって、台湾は独立した親日の国というイメージがあります。そのことについて中国人に質問をすると、100%台湾は中国の一部だと返答があるのは有名な話です。実際には、台湾は国際的に独立した国ではなく、①台湾の地位は国際的に未確定とする考えと、②台湾は中国の一部であるとする考え、が対立している状況です。参考までに、日本政府は台湾政府と中国政府の両者を尊重する立場をとっています。

今回、新型コロナについて対応をしている国際機関WHOが、台湾を中国の一部としていることから、フィリピン政府は台湾を中国、香港、マカオに追加した背景があります。一見フィリピン政府の暴挙ともみられるこの行為ですが、イタリアでは台湾経由(直行便)のフライトの入国をすでに禁止している状況にあります。

一番大きな被害を受けているのは台湾エージェント

フィリピン留学のビジネスは、ここ数年で台湾でも拡大していきました。台湾―セブ島の直行便もあり、距離的にも近く2-3時間で来れるという点も大きな理由です。台湾資本の英語学校はまだ小規模な学校が数校ある程度ですが、フィリピン留学を仲介する台湾の留学エージェントは多数あります。

昨日仲の良い一人の台湾人エージェントと連絡を取ると、現時点ですでに従業員の一時解雇(無給)を検討しているとのこと。彼は昨年マンションを購入したことを後悔していました。

少なくとも3月一杯は状況注視の必要あり

新型コロナの影響は、フィリピン(セブ島)でも徐々に広がりつつあります。まずは感染者の収束が第一ですが、少なくとも中国(香港、マカオ含む)と台湾からフィリピンへの入国が可能にならない限り、状況解決への一歩とはなりません。(現時点では3月29日までの一時措置と言われている)

学校運営側としては、生徒さんの健康・安全を第一にしつつ、経営体制の強化を図っていく所存です。

応援よろしくお願いします。


フィリピン留学ランキング

記事の投稿者

ZEN English代表者

藤木 秀行(HIDEYUKI FUJIKI) 大学卒業後8年の会社勤務を経て2001年11月30日に起業。起業10年目に海外進出を決意し、以降海外に拠点を拡大。シカゴ大学MBA。

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
  • 留学JPオンライン英会話
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.