フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > セブ周辺の短期旅行の方法について考えてみた~オスロブ・カワサン滝~
2019/11/6

セブ周辺の短期旅行の方法について考えてみた~オスロブ・カワサン滝~

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

皆さん、こんにちは。インターンの輝です。別の記事でも少し触れましたが、先週の土曜日は人生で最も長い一日でした。2:20起床→3:00ZEN出発→6:00オスロブ→10:30カワサン滝→15:00カワサン出発→18:30ZEN到着→21:00ナイトクラブ→1:30ZEN到着・就寝という超ハードスケジュールをやり遂げました。正直、今週末に帰る生徒さんに誘われなければ、クラブに行くことは諦めていたと思います(笑)結果的に、翌日は一日中ベッドの上でゴロゴロしていました。。。さて、今回はオスロブ・カワサン滝ツアーを経験して、セブ島短期旅行の方法をまとめたので、ご紹介いたします~

あなたはどの方法でセブ旅する?

1.どの方法で行くか?

公共交通機関利用・送迎車手配・スクールトリップ参加・ツアー申込みの4通りが考えられます。それぞれメリット・デメリットがあるので、それぞれ比較していきたいと思います!

カワサン滝

(1)公共交通機関利用

《メリット》超格安。サウスバスターミナルから150peso~180peso(エアコン付)でオスロブまで移動可能です。エアコンなしの場合は、100pesoで移動可能ですよ!②自ら計画を立てられるので、効率良く観光が可能。

《デメリット》①待ち時間がかかる。オスロブにはセブ市を早朝2時頃に出発するのが恒例な為、バスターミナルでの数十分待つのが辛いと感じるかもしれません。②エアコン付は寒すぎる、エアコンなしは窓から落ちそうになる。その為、事前にバスの特徴を確認して対策した方が良いです。③各観光地にて移動手段や備品レンタル、チケット購入の手配が必要になる。

(2)送迎車手配

≪メリット≫①車内空間が快適且つ清潔。友達しかいないので、余計な心配することなく、横になれます。②手間がかからない。寮出発・帰着の為、余計な移動を全て省くことができます。

≪デメリット≫①各ポイントでのアイテムやチケットについては自ら手配が必要。英語力に自信がある場合は、問題ありません。

(3)スクールトリップ参加

≪メリット≫①全ての手間がかからない。②日本人スタッフも同行する為、万が一の時も安心。③一人でも参加可能。

≪デメリット≫①ZENの場合は、姉妹校と共同開催しており、オスロブとスミロン島ツアーとなっており、観光地の変更ができません。②費用が少し割高の場合もある。

(4)ツアー申込み

≪メリット≫①送迎車手配に加え、備品レンタルやチケット手配等も可能です。②常にガイドが同行してくれる為、トラブル対応不要。

≪デメリット≫①ツアー会社の選択が困難。現地・日系・外資等、多種多様の為、誰かしらの紹介がないと、不安要素がある。②費用の幅が大きい。オプションによって、費用が変わる為、相場の判断が難しい。③パッケージの為、観光地の変更が出来ない。

船の上から

2.どれを選択すべき?

私の独断にて、4つの選択手段に相応しい人を以下の様に判断しました。

(1)公共交通機関利用:英会話が好きで、クレイジーな貧乏旅人。刺激が欲しい大学生やとにかくローカルに溶け込みたい人にはぴったり。

(2)送迎車手配:友達とわいわいしたい節約派。英会話や交渉には問題なく、同行する友達がいる。

(3)スクールトリップ参加:とりあえず思い出作りたい、Soloトラベラー。学校の仲間と新しい友情を作れるチャンスです。

(4)ツアー申込み:大人達の安心安全旅行。英会話が少し出来るなら現地ガイドを使って、費用節約。自信が全くない方は、日本人ガイドを付けると万全です。

decision making

3.どれを選択したか?

今回のオスロブ・カワサン滝ツアーでは、「ツアー申込み」を選択しました。理由は3つ。①ZENの卒業生から紹介してもらった為、信頼でき、且つお手頃価格のツアー会社であること。②メンバーが7名集まった為、バン1台での移動が可能になったこと。③チケットや備品手配に手間をかけたくない大人達の旅行であったこと。以上のことより、「kkday」という海外ツアー会社に致しました。ただ、kkdayにはオスロブ・カワサン滝のセット旅行はありませんので、ツアー会社に問い合せをした所、通常価格に追加料金にて変更可能ということになりました。因みに、問い合わせは日本語で可能なので、英語力に自信のない方でも十分問題ありません!

スタート

4.費用の内訳は?

7名で参加しましたが、一人あたりの費用として記載致します。
まず、ツアーに含まれる費用が、【ホテルの往復送迎・各種備品・保険・ジンベイザメとのシュノーケリング費用・要塞跡見学・ツマログ滝】になっております。プラン変更の交渉をし、ツマログ滝をキャンセルし、カワサン滝見学を追加致しました。

以上より、2040peso+185peso=2225pesoとなりました。しかしながら、カワサン滝付近に到着すると、カワサン滝のキャニオニング・アクティビティーには1500peso/人がかかると言われてしまいました。そこで、値段交渉を行い、アクティビティーに含まれていたランチとジップラインをキャンセルし、追加分800peso/人にしました。

結果として、3025pesoとなりました!後から気づいたのですが、「kkday」のプランに元々オスロブ・カワサン滝というのがあり、7名の場合は4000pesoとなっており、なぜかかなり安くなっております。(笑)偶々ではありますが、最も安いツアーになったのではないかと思います。上記の方法については、おすすめ出来ませんが、交渉が得意な方はチャレンジしてみても良いかもしれませんね。

教会

5.補足

(1)セブ市内にあるサウスバスターミナルについて

ZENからタクシーにて20分程かかります。深夜の場合は、タクシーの配車も難しいので、Grabを使うのもありかもしれません。

バスターミナルにて、30分~1時間おきにオスロブ行きのバス「OSLOB」「BATO」が出発しておりますので、そちらに乗り込みましょう。バススケジュールはなく、席が埋まったら出発するスタイルです。

・公式HP:https://www.cebusite.com/catalog/index/1223107/cebu-south-bus-terminal-bus-schedules/page/bus-schedules

バス

(2)ツアーエージェント「kkday」について

台湾系の企業でアジアを中心に世界中のツアー企画を行っております。但し、セブ島のツアーについては、英語もしくは日本語で対応して頂けますので、気軽に問い合わせが可能です。

・公式HP:https://www.kkday.com/en-ph/

6.最後に

今回は文字が多いブログになってしまい、申し訳ありませんでした。オスロブ・カワサン滝ツアーを例に、旅行手段を検討してみました。私の勝手な解釈もありますが、どの方法で旅行するか迷っている方への参考になれば幸いです。また、普段はツアー頼みという方も公共交通機関を使って、道中のハプニングを楽しむ旅行も良いかもしれませんね♪次回は、本題のオスロブ・カワサンツアーについて記事に出来たらと思っています。それでは、今回はこの辺で、See you around~

記事の投稿者

TERU(桑原 輝)

自称アジア人。好きなことは海外旅行、ローカルに溶け込むを大事にしています。好きな言葉は、セレンディピティと多文化共生。皆さんとの出会いを楽しみにしています♪

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
  • 留学JPオンライン英会話
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.