フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > セブのローカル感を味わうビーチならここ!マクタンニュータウンビーチに行ってきました。
2019/10/16

セブのローカル感を味わうビーチならここ!マクタンニュータウンビーチに行ってきました。

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

こんにちは。ZEN Englishのダイキです。

セブといえばリゾートホテルやビーチ、マリンアクティビティが有名ですが、留学されている方にとっては、「いかにも」なビーチの体験では満足いかない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、セブのローカル人達が集まる、マクタンニュータウンビーチについてお教えしちゃいます1

せっかくセブに来たし、ちょっと変わったビーチに行ってみたい方にはピッタリですよ1

マクタンニュータウンビーチとは?

mnb2

 

マクタンニュータウンビーチの概要

マクタンニュータウンビーチは、その名前のとおりマクタン島にあるビーチで、セブでは数少ない公共ビーチです。

すぐ近くに高級リゾートのシャングリ・ラ マクタンホテルもあり、海の綺麗さもある程度は保障されています!

近くにはマクタンニュータウンというビジネス、商業の複合施設があります。
ただ、マクタンニュータウンからビーチまでは結構な距離があるので、タクシーなどに伝える時には注意が必要です。

マクタンニュータウンからビーチに向かう際には、舗装されていない道を通ったりします。
実際私がセブシティからGrabで呼んだ車両でビーチに向かう際も、ドライバーが何度も現地の人に道を聞いたりしていました。

マクタンニュータウンビーチの入り方!

ビーチに着いたら、まずはエントランスで入場料を支払います。
入場料は平日が150ペソ、休日が200ペソとなっています。
日本円で350円から500円程度で一日中ビーチにいられるので、かなりお得ですね。

ちなみに、ビーチパラソルやいす、小さな小屋などの休憩スペースも合わせて一日単位で借りることができます。私が行った時は週末ということもあり、すでに大人数用の場所は借りられていたので、日よけ付きのベンチを借りました。

長時間ビーチにいる予定の場合は、これらの休憩スペースを借りておかないと、日差しが強いし飲食する場所がかなり限られるし、結構大変です。

マクタンビーチに潜入しました!

それでは、マクタンニュータウンビーチの内部への潜入をレポートさせていただきます!

ビーチに入場すると、食べ物や飲み物のお店が多く並んでいます。

ビールなども売っていますが、中でも食べ物の購入は、お腹に自信のある方以外は控えた方がいいかもしれません。基本的には屋台などと同じで、長時間屋外に置かれているものが多いからです。

飲食物の持ち込みには別料金がかかりますが、スーパーの袋に入れてガードマンに見えるように持ち込まない限りは、普通はいちいちチェックしないので、料金を払わなくて済む場合が多いです。

今回は3人で行ったので、空いていた日よけ付きのベンチを借りました!(有料)

 

mnb3

ビーチの目の前です。

意外と一番いい場所かも・・・

私たちは11時くらいに着いたんですが、既にたくさんのフィリピン人で賑わっていました。

食べ物はおそらくあてにならないだろうと思い、滞在先の近くでパンやスナック菓子を大量に買って持って行きました。他のフィリピン人も、大人数で来ている人たちはオードブルみたいなものやちゃんとしたご馳走を作って持ってきている人が多かったです。

マクタン島で買うのは少し面倒なので、特に食べ物系は事前に滞在先の近くなどで好きなものを買って持って行った方がいいと思います。

マクタンニュータウンビーチはこう遊べ!

それでは、マクタンニュータウンビーチで何ができるのか?
というところですが、多くのフィリピン人は、レンタルした休憩施設でのんびりしながら持ってきたものを食べたり飲んだりしている、という感じです。

その他について、簡単に紹介します。

泳ぐ。

日本の海水浴場と違い、遊泳可能なエリアが結構広いです。
そのため、私も含め結構本気で泳いでる人もたまにいました。

遊泳エリアの一番奥に、上に上がれる大きな浮き具が設置してあります。
フィリピン人はその浮き具目指して泳ぎ、辿り着いたら上がって休み、また来た道を帰ってくる、ということをしてましたので、真似して私もやってみました。

普通に結構キツイですが、体力がある人は挑戦してみてください。

ただ、ライフセーバーなどはいないので、十分注意してくださいね!!!

マリンスポーツをする。

これも鉄板ですが、マクタンニュータウンビーチもマリンスポーツを楽しむことができます。

私は挑戦しなかったので詳しい値段は分かりませんが、ローカル価格になっており、高級リゾートホテルで行うものとは段違いに安いです。

結構たくさんの種類があったので、ぜひ挑戦してみてください。

暇になったら出店巡りをする。

私の1番のオススメはこれです。

マクタンニュータウンビーチは、休日は多くのお客さんが訪れるため、飲食物の出店もそこそこ出ています。

私が一番気に入ったのは、ヘナタトゥーのお店です。

ヘナタトゥーは、インクで絵を描くだけで彫らないため、1週間ほどで自然に消えるペイントのことです。

今回はちょっと値切って、400ペソで鳥の絵を入れてもらいました。

mnb5

他にも色々な種類があり、カタログを見せてくれるので自由に選んでみてください!

うまく交渉すれば、カタログに載っていないものでもやってくれますよ!

ひたすらのんびりする。

mnb1

まあ、最終的にはこれですね。

しっかり日陰が確保できたら、心ゆくまでのんびりしてみてください。

ローカル感は否めませんが、それが逆に、綺麗すぎるビーチよりも安らぎを与えてくれます。

まとめ

マクタンニュータウンビーチは公共ビーチですが、シャワー(有料)やトイレ、飲食店など、きちんとした設備があるのが特徴です。

皆さんもぜひ、疲れた心と体をフィリピン流に癒してみてください♪

mnb4

いい看板を見つけました。

記事の投稿者

ダイキ

静岡県出身、趣味はサッカー観戦です! 旅行好きです、次はウズベキスタンとエジプトに行きたいです。

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
  • 留学JPオンライン英会話
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.