フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > 第三回スクールトリップin OSLOB
2017/12/11

第三回スクールトリップin OSLOB

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

こんにちは!インターンマネージャーの比嘉です🐬昨日、久しぶりにスクールトリップを開催したので、その様子を書いていこうと思います^^場所は、ZENのスクールトリップでは二度目となるオスロブです♪(第一回スクールトリップの記事はコチラ)セブ島一番の観光名所と言っても過言ではないほど、有名なオスロブ。どういった魅力があるのか、ご紹介していきます!

野生のジンベエザメと泳げる!

オスロブとは、セブ島の南の方に位置する地域です。セブシティから車で3時間ほどで行くことができます。今回は現地のツアー会社を利用したのでバンで行くことになりましたが、少人数で旅費を抑えたい方はサウスバスターミナルからバスで行くことも可能です。オスロブの地図はこちら。

なぜそれほど有名なのかというと、世界最大の魚、ジンベエザメと100%の確率で泳げるからです。それだけではありません。なんと、オスロブで一緒に泳げる10数匹のジンベエザメは全て野生で、スキューバダイビングではなくシュノーケルで一緒に泳ぐことができるのも、実は世界でここだけなのです。

オスロブのジンベエザメ以外の魅力は?

ジンベエザメと泳げることは知っている!けど、それ以外にオスロブって何かあるの?と、オスロブのその他の魅力を知らない方も多いと思います。実際にジンベエザメと泳げるのはわずか30分程度。しかも早朝にしか彼らと泳ぐことはできないので、旅のメインはわずか朝の9時頃には終了してしまいます。その後はどこに行くのか?ツアーによって次なる目的地は変わりますが、今回の私達のツアー内容を元にご紹介していきましょう。

まず、今回のスクールトリップのフライヤーがこちら。

S_7119162662017

簡単にまとめると、①ジンベエザメと泳ぐ→②スミロン島へGO→③オスロブへ戻り昼食→④ツマログの滝 といった内容です。今回は人数が少ないこともあり、料金は高めですが、充実した内容になっています。

①ジンベエザメと泳ぐ

早朝、4時半に集合しバンで出発。1時間ほど車を走らせた頃、水平線から昇る綺麗な朝日をバンから眺めることができました。

S_7119150076764

フィリピン流のワイルドな運転の中、朝食のバナナやパンを食べたり爆睡していたら、3時間のはずがわずか2時間でオスロブに到着。ガイドの方がチェックインなどを済ませてくれて、日本語のブリーフィング用カードでジンベエザメと泳ぐ際のルールを確認します。

その後、ライフジャケットとシュノーケルをもらい、整理番号が呼ばれるまで岸の方で待機。この時、紫外線が最強に強いのですが日陰に逃げることができないので、サングラスと日焼け止めは必須です!!

やっと整理番号を呼ばれ、難破船のような小型ボートに乗り込みましたが、今回は人数が6人だけだったので他の乗客も一緒にGO。

S_7119150178209

岸から大体50mほど離れたところでボートを停め、シュノーケルをセットしすぐに海に入れ!の合図が。すでにボートの下には全長10m~15mもの巨大なジンベエザメが!

S_7119150245729

S_7119150283318

水族館ではなく、海で見るジンベエザメの迫力に生徒の皆さんも大興奮!!ルール上、5m以上近づくのは禁止で、触るなんてもってのほかですが、ジンベエザメの方から触れちゃいそうな距離まで近づいてきます。

ジンベエザメの他にも様々なお魚がたくさんいて、個人的な興奮ポイントは全長1m50cm以上ものロウニンアジ!!

S_7119367503995

うまく写真を撮れなかったのがただただ無念。。前回のオスロブのときは、オオカマスの群れも発見したので、普段ビーチではなかなか見れない魚に出会えることも魅力の一つ。

②スミロン島へGO

30分ほど泳いだ後、また難破船に乗り込み岸へ帰り、次の目的地であるスミロン島へ。少し離れたところに小さな港があり、そこで名前やサイン、国籍などを乗客リストに記入し、ボートの出航まで15分ほど待機して、やっとボートに乗り込みます。

S_7119151286465

スミロン島まではボートで15分~20分。ジンベエザメのいるビーチの水も透き通って綺麗なのですが、スミロン島の美しさは比じゃない!!

S_7119151173246

前回来た時よりも潮が引いていて、砂浜が面白いアーチ状になっていました。遠浅で美しいエメラルドグリーン。生徒さん達も、これほど美しいセブのビーチは初めてで、終始はしゃぎっぱなしでした。

S_7119151239514

S_7119151115789

スミロン島の入島料は50ペソ。ボートの料金は、公共のボートなので詳しい料金は分かりませんが、もし個人でチャーターする場合は2000ペソ発生するそうです。

③オスロブへ戻り昼食

1時間ほどスミロン島でたっぷりと泳いだ後、ボートでオスロブに戻り昼食です!野外のレストランに既にワンプレートの食事が用意されていて、飲み物もコーラ・スプライト・水から選べます。

S_7119151080478

メニューはライス、チキン、ポーク、パンシットカントン(フィリピンの焼きそば)です。味は最高に美味しい!ジューシーな少し塩辛い味わいが暑い気候に最適です。

S_7119151028500

お腹がペコペコだったので、無我夢中でがっついて、目の前のビーチでひと休み。

S_7119150954549

④ツマログの滝

ビーチを離れ、バンで山の方へ。オスロブのビーチからツマログの滝までは車でわずか10分弱。山の風景も素晴らしく、谷間から見える高い水平線に生徒の皆さんも歓声の声が。

S_7119150392038

ツマログの滝のパーキングに到着すると、たくさんのバイクタクシーのお兄さんから「乗れよ!」との合図が。ツアーガイドのお兄さん曰く、パーキングから滝まではそれほど離れてはいませんが坂道が急なのでバイクタクシーがベターなのだとか。往復で50ペソだけだし、せっかくなので乗ってみることに。

S_7119150869524

バイクタクシーに乗りながら、奥に巨大な滝の姿が!!

わずか5分で滝の入り口に到着し、入場料20ペソを支払い早速奥へと進みます。

S_7119150772512

川の水は白濁色で、あまり綺麗とは言えませんがマイナスイオンが素晴らしいです。更に奥まで進むと、突然壮大な滝が現れます!

S_7119150539400

高さ40mの、石の地層によって作り出された巨大な滝。まるでカーテンのように水霧になって降ってくる姿は幻想的で、ここはフィリピンだという事を思わず忘れてしまうほど美しいです。

滝行できるポイントは、メインの大きい滝と脇にある小さめの滝の二か所。割と勢いが強いので、滝行に挑戦した生徒さんもこの表情です。

S_7119150660899S_7119151335700S_7119150503978

痛すぎて、背中がこんなにも真っ赤に!そしてなんと言っても、さっむい!!私はあまりの寒さに滝つぼには入らなかったのですが、そばで見学していただけでも、鳥肌全っ開でした。

S_7119150436417

滞在時間はわずか20分程度でしたが、マイナスイオンを全身に感じることができて生徒の皆さんも満足した様子でした。滝を離れ、先程の入り口まで戻り、来るときに利用した同じバイクタクシーに乗り込んでパーキングまで帰ります。このバイクタクシーが、急な坂道を上り下りするのでスリル満点!!

バンに戻った時間はまだお昼の1時でしたが、これで一通りのツアーは終了。セブシティの渋滞を避けるために早めに帰ることになりました。

まとめ

スクールトリップでも一番人気のオスロブツアー。私はオスロブに訪れたのは今回で3回目でしたが、何回来ても、迫力満点のジンベエザメや美しいスミロン島に魅了されます。そしてなんといっても、今回初めて訪れたツマログの滝は圧巻で、また来たいなと思うほどお気に入りのスポットになりました!!

次のスクールトリップは、二度目となるモアルボアルを予定しています^^またの投稿をお楽しみに♪

記事の投稿者

Hikari

沖縄出身のアシスタントマネージャー、比嘉 一加里(Hikari)です!21歳、趣味はハンドクラフトとスキューバダイビング、旅行。セブ島の事は何でも聞いてください!

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
  • 留学JPオンライン英会話
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.