フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > 海外のCaféの接客で使える英会話フレーズ・英単語集
2017/11/19

海外のCaféの接客で使える英会話フレーズ・英単語集

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

こんにちは!インターンマネージャーの比嘉です🐬今週の土曜日は、約二ヵ月ぶりに個人的な旅行で海に行ってきました^^95D94335-5B57-4BA2-AD8C-B0BFE2316E6E

大好きな海にやっと行けて最高に良い気持ちの切り替えができました。私のホームタウンはご存知の通り沖縄。生まれた頃からずっと美しい海の側に住んでいたので、海が無い生活を続けると、エラ呼吸じゃなくても息が詰まってしまいます。。気づけば、今まで住んだことのある地域は全て有名な南国の地。オーストラリアでは、グレートバリアリーフの玄関口であるケアンズに滞在しておりました。町自体に泳げるような海はありませんが、船を出すとそこには世界最大の美しいサンゴ礁地帯。さらに、ケアンズの小さな町の特徴としては、世界最大のコーヒーショップ、スターバックスが存在しないこと。なぜかというと、あまり知られてはいませんが地元のコーヒーが絶品なのです。ローカルコーヒーショップが町中にあるので大手コーヒーメーカーはケアンズには必要無し、という事ですね。

さて、そんなコーヒーショップだらけの町ですが、小さい町なのでワーホリで来た外国人がローカルショップで働ける可能性はほぼ無いと言っても過言ではないほど競争率が高いです。

“外国のカフェの店員さん”と、誰もが憧れる職業。メルボルンやシドニー、国を超えてカナダのトロントなら、ワーホリビザで滞在しながらカフェで働いていた。という声をよく耳にします。

なので本日は、海外のカフェで働く際の接客英語やコーヒー豆の豆知識などをご紹介したいと思います♪(前置き長いわ)

“いらっしゃいませ”は英語でなんて言う?

S_6995027117973

お客様がお店にいらしてからの接客の第一印象は一番大事ですよね^^日本では「いらっしゃいませ」が一般的ですが、海外は日本のような固くて丁寧な接客ではなく、フレンドリーで明るい接客が大事なのです!!

・Hello! How are you today ?(こんにちは!今日の調子はどうですか?)

こちらは、私もオーストラリアでアルバイトをしていた時に一番よく使用していた一般的な挨拶です。元気よく笑顔で挨拶をすることが一番大切です♪

店員:Hello. How are you today ?(こんにちは!今日の調子はどうですか?)

お客さん:I’m so sleepy today. I need a cup of coffee.(今日は本当に眠いんだ。コーヒーが必要だよ。)

・Hi. How’s it going ?(気分はどうですか?)

友達との会話でもよく使われるこちらのフレーズ。こんなにフレンドリーでいいの?と思っちゃいますが、良いのです。程よくフレンドリーなほうが、お客さんとの距離を縮めることができる秘訣なのです。

店員:Hi. How’s it going ?(気分はどうですか?)

お客さん:Pretty good, yourself ?(いい感じだよ。あなたは?)

店員:I’m fine. Thanks.(元気です。ありがとう。)

・Hi, good morning! How many are you?(おはようございます!二名様ですか?)

何名様ですか?という場合はHow many are you ?もしくは、二名で来ている際はFor two?と軽く聞くのも有りです。

店員:Hi, good morning ! How many are you? For two? (おはようございます!何名様ですか?2名様ですか?)

お客さん:Good morning. No, actually we’re waiting for another person. We’ll be three soon.(おはようございます。いいえ、実は他の人を待っているので、3人になります。)

・Would you like a inside seat or an outside seat on the terrace / patio ?(室内のお席と外のテラス席はどちらがよろしいですか?)

海外のCaféといえば、オシャレなテラス席を想像しますよね。オーストラリアやカナダのCaféも、ヨーロッパのようなテラス席を設けているCaféが多いです。英語で聞くときは、on the terraceを抜いたan outside seat でも通じます。ちなみにpatioはスペイン語が語源で、「中庭、テラス」といった意味なので海外ではpatioで通じる場合もあります。

店員:Would you like a inside seat or an outside seat on the patio?(室内のお席と外のテラス席はどちらがよろしいですか?)

お客さん:An outside seat would be great. I’d like to smoke.(外の席だと助かります。タバコを吸いたいので。)

“ご注文は如何なさいますか?”は英語でなんて言う?

S_6995027160134

次は注文を取るときの接客英語です。よく日本では、「いらっしゃいませ」にHow may I help you ?と使う方が多いと思いますが、厳密に言えばこちらのフレーズはあまりCaféやレストランでは使いません。直訳すると「何かお手伝いしましょうか?」となるので、雰囲気で言えば「何かお探しですか?」と言った感じ。お客さんも、「Yes, I’m looking for~」と続くので、ショッピングセンター等でしたらよく使われると思います。

では、オーダーを取るときの正しい接客英語は何なのか。レジにて承る際と、テーブルにて承る際、どちらにも使えるフレーズをご紹介していきたいと思います^^

・What can I get you today?(今日は何にしますか?)

一般的にカフェやレストランでよく使われるフレーズ。・Are you ready to order ?も同じような「ご注文は何にしますか?」を表す言い回しなので、覚えていきましょう!

店員:Hi! What can I get you today?(今日は何にしますか?)

お客さん:I’d like to have a hot latte.(ホットラテをください。)

・This sweets goes well with your coffee.(こちらのスイーツはコーヒーとよく合いますよ。)

すべての接客業は、アディショナルの売り上げを目指して常にセールスパフォーマンスを魅せなければなりません。その他にも、

・Would you like some drinks with your sweets ?(スイーツと一緒にお飲み物は如何ですか?)

・I recommend this ~.(これがおススメですよ。)

など、バンバン売りさばいていきましょう。

・Let me repeat your order.(ご注文を確認させて頂きます。)

大人数や、大量のオーダーを受けた際には、間違いの無いように確認しましょう。

店員:Let me repeat your order. One of the Americano, one café latte, two chocolate cakes…(ご注文を確認させて頂きます。アメリカーノを一つ、ホットカフェを一つ、チョコレートケーキを二つ…)

お客さん:No, no. We wanna order only one chocolate cake and another one cheese cake.(違います。チョコレートケーキは一つだけで、チーズケーキも一つ頼みたいです。)

・Is that everything you need?(ご注文は以上ですか?)

注文を受けた最後には必ず最後かどうか確認を取りましょう。

・Anything else today ?(今日は他に何か頼みますか?)

など、軽くアディショナルの売り上げを促す言葉もかけてみましょう。

店員:Anything else today ?(他に何か注文致しますか?)

お客さん:Yeah…hm… Can I get a bottle water as well?(ああー、お水も頂いてもいいですか?)

店員:Sure. Is that everything you need ? (かしこまりました。ご注文は以上ですか?)

 

豆の詳しい種類について英語でなんて言う?

still-life-2366084_1920

カフェで働くなら、豆の知識は当たり前、身に着けておかなければなりません。エスプレッソや粗挽き、ブレンドの種類なども、お客さんから質問があった時には英語でスラスラと言えるようにしましょう。

豆の焙煎(ロースト)

コーヒーの味は、産地や焙煎、挽き方や入れ方によって味が大きく異なります。その中でも焙煎は味の苦味や酸味を決める大事な段階です。焙煎のレベルは8段階。それぞれ英語では何というのか、ご紹介していきましょう♪

・Light Roast -This is the lightest roast and as the name implies.the beans are a deep cinnamon in color.

Cinnamon Roast -A preferred roast for some specialty roasters, highlights origin characteristics as well as complex acidity.

※Light roast 、Cinnamon Roastは生豆の青臭さが残っているので、この焙煎度ではほとんど飲まれることはありません。

・American Roast -Medium light brown, acidity is slightly muted, but origin character is still preserved.(酸味が強く、苦味はほとんど無い)

・High Roast -Medium brown, common for most specialty coffee. Good for tasting origin character, although roast character is noticeable.(酸味はまだ残っていて、やわらかい苦味や甘味も出てきます)

・City Roast -Medium dark brown with occasional oil sheen, roast character is prominent.(酸味と苦味のバランスがよく、この焙煎度は多くのコーヒー豆に適用できバランスよく飲めます)

・Full City Roast-Moderate dark brown with light surface oil, more bittersweet, caramel flavor, acidity muted.(酸味は少なくなり苦味のほうがよく感じられ、香ばしい香りが出てきます )

・French Roast -Dark brown, shiny with oil, burnt undertones, acidity diminished.(酸味はほとんどなく苦味が際立ってきます )

・Italian Roast -Nearly black and shiny, burnt tones become more distinct, acidity nearly eliminated, thin body.(ほとんど酸味はなく、濃厚な苦味が際立っています)

お客さん:What dose this blend coffee taste like ?(このブレンドコーヒーはどんな味がしますか?)

店員:Our blend coffee is a City roasted coffee, from Costa Rica, it has a round-body taste and bitterness, bright acidity, and also has a rich flavor.(私たちのブレンドコーヒーはコスタリカ産のシティローストを使用しています。酸味は豊かで、深いコクと苦味、芳醇は香りが特徴です。)

お客さん:Sounds awesome! I’d love to get that.(素晴らしいわ!是非それをください。)

まとめ

S_6995027205650

如何でしたでしょうか??使っているフレーズや単語はどれも簡単なフレーズばかり。そして一番大事なことは、完璧に英語を話す!というよりも、コミュニケーションを取る!という事です。

笑顔で話しかける。明るいお店の雰囲気を作る。常連客の顔を覚えて、フレンドリーに話しかける!きっとお客さんもあなたの顔を覚えてくれて、お店を好きになってくれるでしょう^^

Have a lovely day !☀

記事の投稿者

Hikari

沖縄出身のアシスタントマネージャー、比嘉 一加里(Hikari)です!21歳、趣味はハンドクラフトとスキューバダイビング、旅行。セブ島の事は何でも聞いてください!

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
  • 留学JPオンライン英会話
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.