フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > フィリピン留学での食事-送別会@アイパル (IPAR)-
2017/04/11

フィリピン留学での食事-送別会@アイパル (IPAR)-

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

こんにちは、Yukiです。

 Sakiさんが日本のオフィスに移ってしまいますので、スタッフ数人で簡単な送別会 (食事会)を行いました。

 Martinがスペイン料理でいいんじゃないとのことでしたので、パエリアがオススメであるアイパル (IPAR)に行きました。フィリピンは昔、スペインの植民地であった過去を持ちますがスペイン料理のお店は珍しいそうです。しかし、スペイン本土に近いメニューが多いそうですのでセブに来たからには一度は行ってみるといいと思います。

DSC_0050

アイパル (IPAR)の場所

 この下の地図を見てもらえば分かると思いますが、ZEN EnglishのホテルであるTsai Hotelからは少し距離があります。夜でしたのでタクシーにて向かいました。およそ20分ほどで100ペソかからないぐらいで行けました。

 みなさんも訪れる際は周辺が暗かったのでタクシーで向かった方が安全で良さそうです。スペイン料理自体がフィリピンでは高級料理らしいです。そのために、この場所のことを知らないタクシードライバーもいるので、その場合はラモスストリート沿いやフエンテ オスメーナ噴水の近くと伝えればいいと思います。

アイパル (IPAR)のおすすめ料理

 アイパル (IPAR)本格的なスペイン料理のお店として、知られていますが値段が高いこともあり、客層は外国人が多いそうです。僕たちが食事をした際はフィリピン人のファミリーが2組いただけでした。ネットで確認するといつも空いているとのことです。

 おすすめ料理はパエリアやチョリソ(チョリソー)、スパニッシュオムレツです。特にパエリアは味がしっかり染み込んで美味しいそうです。ただ、量がとても多く1つ1000ペソほどします。4人程度でシェアして食べるのが良いそうです。

 パエリアだけでお腹がいっぱいになることが多いらしく、僕たちは今回注文していません。そして、パエリアはオーダー後に作り始めるそうで40〜60分程度出来上がるまでに時間がかかるそうです。

spanish-omelette

 今回はアイパル (IPAR)おすすめ料理のスパニッシュオムレツとチョリソは頼みました。オーダーの最後にパエリアは頼まないのかと聞かれたので、店員さんからしても是非食べて欲しいみたいでした。

 スパニッシュオムレツの中にジャガイモやチーズが入っていて美味しかったです。

 この写真の右側にある目玉焼きの白身だけのようなものはモッツァレラチーズをオリーブオイルで少し煮ているか揚げたもので、個人的にはこれが1番美味しかったです。

スペイン料理

 実は僕、スペイン料理を日本であまり食べたことがなく、どんな料理がスペイン料理か知りませんでした。チョリソもソーセージの一種であるのでドイツ料理だと思っていました。

 ちなみに、チョリソはにんにくやパエリアと香辛料を挽いていない豚肉と共に豚の腸に詰めて作るのが本来のやり方だそうです。日本では単に辛いソーセージのことをチョリソと呼んでいたりします。

Chorizo

 左下がチョリソ、右下がアヒージョです。この2つは日本でも有名ですね。アヒージョはもっとオリーブオイルに浸かった料理だと思っていましたが、にんにくと共にオリーブオイルに煮ていればアヒージョと言うそうです。この写真の奥のものはパタタス・アリオリと言うもので、にんにく入りのマヨネーズをかけたような味がします。

meat

 次にこちらはCALLOSというもので牛などの胃を煮込んだ料理です。日本のもつ煮込みのような味でした。牛の胃も内臓 (もつ)の一部ですので当たり前といえば当たり前ですが。ただし、一般的なもつ煮込みよりも油っぽくご飯やパンと一緒に食べないと厳しかったです。

DSC_0048

 最後にデザートは2種類あり、FLAN AL CARAMELO (プリン)とSORPRESA DE MANGGA (上の写真)です。この写真の料理の説明文がmangoes in creamとあり、もしかしたらクリームの中にマンゴーが入っているだけかなと思ったりもしました。が、そんなことはなく、マンゴー味のムースのような層とクリームチーズのような食感のクリームの層 があるデザートでした。マンゴーソースもかかっていて、美味しかったのですが、クリームの味が濃くて2人で1つをシェアして食べました。

 スペイン料理をセブで初めて食べたのですが、とても美味しく、次回行く際はパエリアを食べてみたいです。

アイパル (IPAR)店舗情報

住所:157 F. Ramos Street,Cebu City, Philippines, 6000

電話番号:+63 32 410·7727, 255·4727 ,+63 917 626·6662

HP:http://www.ipars.com.ph/

 HPがしっかりしていて、HP上から予約できます。全てのメニューもHP上に乗っていますので、スペイン料理に馴染みのない人は事前に調べることで食べたいものをしっかりと選べると思います。

 食事の値段ですが、4人でお酒も頼んで1人あたり700ペソ弱でした。食べる量にもよりますが予算は1人当たり500〜1000ペソぐらいだと思います。確かにセブにしては少々値段が高いですが、本格的なスペイン料理を食べることができるレストランとしておすすめです。セブの穴場レストランだそうです。

記事の投稿者

YUKI

大阪府出身 就職までの3ヶ月インターン予定 留学中の趣味:ジム・映画鑑賞 よろしくお願いします

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
  • 留学JPオンライン英会話
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.