フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > TOEIC900点以上取る方法~上級者向け試験対策(リーディング編)
2016/09/2

TOEIC900点以上取る方法~上級者向け試験対策(リーディング編)

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

TOEICTOEIC試験で高得点を狙うためには、避けて通れないのがリーディング対策。

1.リーディングの高得点は難しい

高得点保有者の例でもほとんどがリスニング>リーディングの点数なのと、なぜかTOEICはリスニングの採点が甘く、リーディングが厳しいので、高得点になればなるほど点数も伸びにくいのが事実です。

2015年3月のTOEIC試験では、リスニングとリーディング両方とも9割くらいだったはず。

でも点数は480>440とリスニングのほうが40点も高く得点が取れているのです。

実際にいままでリーディングは440点が最高得点なので、今回は特にリーディング対策に絞り、ミスをなんとか5問以内にすることで、475点以上を確実に取れるようにしたいと考えています。

2.上級者はすべて読む!!!

IELTSもそうですが、例えばIELTSのリーディングは全部読まなくても、回答を探すような読み方で結構簡単に7取れてしまいます。しかし、ここから8以上を目指すためには、ほぼ全部かなり早いスピードで読破する必要があります。

文法問題なども、上級者は読むスピードが速いので、設問を全部読み、きちんと意味を把握することが可能です。

そうすることで、ひっかけ問題や、勘違いでのミスを防ぎ、正答率を上げることが出来ます。

読解の問題なども、最初から最後まですべてに目を通さないと解けないような問題もたまにあります。すべてを読んでおけば、こうした問題に当たった時に、無駄な時間を費やすことなく、かえって早く解答を見つけることができます。

3.文法問題は自然体で

日本人の多くの人が、特に文法については間違った勉強をしています。用法とか難しい覚え方を一生懸命文法書で見たり、小難しく考えている人が多くいます。

日本的な文法書はそもそも間違っているケースも多く、深く考えすぎないことです。

旧式のTOEIC試験の問題は文法問題が40問ですが、そのどの問題も文法の専門書の知識などいらない問題ばかり。自然体の使われる英語での用法を身につけるほうがもっと重要で、日本語の文法書など見る必要は全くありません。

4.リーディング力(文法含む)を身につける方法

良い記事(教材)を多数読む必要があります。新聞、雑誌、小説など、紙ベースのものだけでなく、インターネットで購読してもいいかもしれません。

そういう実際に使われている英語が本当の英語なわけで、文法書など使う必要は全くありません。

我々が日ごろ使いこなしている日本語の文法書なんか日本人は読みますか?

特に上級者を目指す人は、日ごろ使用されている英語や時事の記事を読むようにし、本当の意味で使用されている英語を身につければ、それがTOEIC対策につながるはずです。

あとは模擬試験を10回以上こなせば、十分な試験対策になるはず。日本語の問題集を使用すれば、文法問題の間違えば部分も詳しい解説があるので問題ありません。上級者の段階で文法書などで深く正解の理由なんかをチェックする必要のある問題は、TOEICでは出題されません。

いまだに文法書などを見ているから、なかなか上級者になれない日本人が多いのです。
という苦言はこのくらいにして、リーディングは特に力をいれてやる予定ですので。

応援よろしくお願いします。


フィリピン留学 ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑1日1回クリックをお願いします。

記事の投稿者

ZEN English代表者

大学卒業後8年の会社勤務を経て2001年11月30日に起業。起業10年目に海外進出を決意し、以降海外に拠点を拡大。大阪大学経済学部卒、シカゴ大学MBA。

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
  • 留学JPオンライン英会話
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.