フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > セブ島で安い観光ツアーを組むコツ
2016/08/11

セブ島で安い観光ツアーを組むコツ

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

フィリピンに来たのはいいけど、ジンベエザメが見られるオスロブ、アイランドホッピングで有名なナルスアン島やオランゴ島、市内観光、シュノーケリングにダイビング…と様々な選択肢があるため迷ってしまいますね。そこで利用するのがツアー会社になりますが、どこのツアー会社にしようか迷う、、、もうちょっと値段を抑えられないか、、、という悩みは多くの留学生にとって共通のものです。特に留学中はアルバイトができないため何とかやりくりしてできる限り様々な場所にいきたいもの。というわけで今日は、自分でセブ島ツアーを組んで安く楽しめる方法をご紹介します!

セブ島でツアーに参加した時の相場とは?

セブ島でアクティビティを申し込む際に使うのが、現地のTravel Agencyになりますがフィリピン人が経営しているものと日本人が経営しているものでは大きく異なります。

Funny Boy

オスロブでジンベエザメと泳ぐツアー(日帰り)で比較した場合

  日系の会社 現地系の会社
内容 シュノーケリング、入場料、ランチなど シュノーケリング、入場料、送迎、写真撮影、ランチ、朝食、ビール
料金

5000~7000ペソ

2500~3500ペソ

この表からお分かりのように、日系と現地系のあいだでは料金に大きな差があります。サービスに関しては日本人に合わせたサービスということで、日系企業のほうが安定感があると言えます。フィリピンの現地系のツアー会社ですと、担当者が平気で遅れてくる、ランチでおなかを壊す、ということは珍しくありません。日本語を使えるガイドがいないため、観光などで不安が強い方は日系のエージェントを使うとよいでしょう。

自分でツアーを手配する流れ

エージェントを通した場合は、本人→エージェント→現地ガイドもしくはショップというようにエージェントを介するようになっているシステムとなります。そのため、少しエージェントの仲介料ということで金額が上乗せされるということになります。したがって、直接自分で現地のショップにお願いすると少し値段を抑えることができます。ステップは簡単ですが、エージェントさんがいないためすべて自分でツアー内容を詰めておく必要があります。以下では、その際に確認するポイントをわかりやすく説明しています。

① 行きたい場所とアクティビティを決める

make list

まずは行きたい場所を決めましょう。セブ島はメジャーな留学先、観光地となっているため、インターネットで検索すると様々な観光名所がでてきます。とくに人気があるのはオスロブ、ナルスアン島、カモテス、マラパスクア、ボホール、モアルボアルといったビーチリゾート、もしくはパラセーリング、水上ジェットスキーといったマリンアクティビティとなります。こちらは情報収集をして、行きたいポイントを決めておきましょう

②現地のダイビングショップ、アクティビティを提供している現地ショップを見つける

laptopdog

この作業が一番大変なのですが、とにかく情報収集をすることが大事です。特に最近では、グーグルマップから探すこともできますので、検索ワードを入れてマップ上でショップを探すのもありです。大体のダイビングショップでは、ダイビングだけではなくシュノーケリング、パラセーリングなどのツアーやアクティビティを用意しているので、ホームページを確認しましょう。

③ 現地のショップに電話をかけて料金を聞く

Woman using cell phone

行きたい場所やアクティビティが決まったら、電話かメールで連絡しましょう。現地系のショップだとスタッフがフィリピン人ということがほとんどですので、基本的にはメールが帰ってくる確率は低くなります。そのため、電話での連絡がおすすめです。確認するべき事項は、

・行きたいところのアクティビティがあるか
・参加する人数と値段(大人数だと割引になることが多いです)
・食事が付いているかどうか
・送迎の有無、値段
・行く地域への入場料の有無
・アクティビティに必要な器具や装備のレンタル費用
・ツアーが始まる時間と終わる時間(時間通りにいくことはあまりありません)

以上となります。料金に含まれているもの、含まれていないものをはっきりさせておくことで予期せぬ出費を防ぐことができます。

④ 予約を取る

reserve
内容、料金共に納得ができたらいよいよ予約をします。この際に自分の電話番号が必要となりますが、現地ケータイを持っていない場合はメールアドレスを伝えるようにしましょう。予約した日程がツアー開催の日程から遠い場合は、2~3日前に確認の電話かメールを入れておくと安心です。

おすすめのショップ

BLUE CORAL

日系のダイビングショップのため日本語が通じるので安心です◎ divingだけではなく、シュノーケリングなども可能です。また、アポ島やシキホールといったマイナーな場所も網羅しているため、長期的に利用することもできます。ダイビングライセンス講習もおこなっているようなので、日本並みのサービスを受けたい、安心感がほしいという方にはおすすめです。

BOYLA DIVERS INN&DIVING RESORT

フィリピン人の元海軍の偉い人(?)が経営しているショップになります。こちらは現地系となりますので、格安でシュノーケリングやダイビング、パラセーリングなど様々なアクティビティが可能です。フレキシブルにスケジュールを組んでくれるため、この島とこの島に行きたい、と伝えればOKです。値段は交渉次第で割引になるかもしれません。日本語は使えませんが、アットホームな雰囲気です。

予約が終わったらいよいよ当日を待つのみです。予約や値引き交渉はは英語で行うことが多いため、英語の勉強にもなり一石二鳥です。手間はかかりますが、自分でツアーを組むことでいろいろ学ぶことができるので、ぜひトライしてみて下さい!

記事の投稿者

Saki

福岡出身のSAKIです。セブ島に来て1年近くになります。 スキューバダイビングとカフェをこよなく愛する26歳。 IELTSやTESOL、留学情報など、元留学カウンセラーとして様々なことを発信していきたいと思います。

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
  • 留学JPオンライン英会話
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.