ZEN ENGLISH
> > > 【オールA】突然だけど究極の英語Writingの勉強法シェアするわ。
2018/03/20

【オールA】突然だけど究極の英語Writingの勉強法シェアするわ。

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

テストが近いと、なぜかテスト以外のことに興味がいってしまいますよね。部屋の掃除を始めちゃったり、全然関係ないことを検索しちゃったり、1日20時間寝ちゃったり、パワーパフガールズを1日中見続けちゃったり、、、。全部私ですね。ははは。Misakiです。

もうここまで勉強から逃避しつづけるんならもう少し生産性があることをしようと思いこのブログを書いてみています。

私がなんとか基本的な英作文をかけるようになるまで

①毎日英語で日記をつける

writing07_girl

フィリピン留学の時に、今日は何をした、どこに行ったかなど、毎日3〜4行の日記を寝る前につけていました。

簡単な文法、簡単な単語が並ぶことが多かったですが、基本的な前置詞や冠詞などは一回一回調べたりしていたのでその能力は少しつきました。

私が日記を毎日書いてよかったなと思ったことは、文法や単語の能力がついたことよりも、1日の出来事を簡単な文章でもいいから自分の能力の範囲で表現するということでした。すると、次の日の先生との会話がスムーズにいきます。「あ。昨日これ日記に書いたからこのことについて話せばええやん」てなると会話の切り出しがすごい楽です。(とくに私みたいな”人と何を喋ったらいいかわかんなくなる人”は日記をつけるのおすすめします。)

今では日記はつけていませんが、その日にあった出来事を頭で英作文にする癖がついて、それを友達とかに話せるので、どちらかというとこの日記の習慣はスピーキングの手助けになりました。

②毎日250字程度のエッセイを書く

writing09_woman

これもフィリピン留学の時に毎日課題としてだしてもらっていたのですが、本当に今考えるとよくやれてたなと思います。

というのも、私のつけていた日記の英作文のレベルは恥ずかしながら

「I have to study English harder in order to speak fluently」

とか

「I couldn’t sleep yesterday because I was hungry」

とかなんとも中学生レベルだったので、そんな奴がいきなり

「what are the causes of crime and what could be done to prevent this rise in criminal activity? 」

とか言われましても

「は?」

て感じで、しかもそれを250字以上を40分以内で書け、なんて当初の私にはめちゃ時間がかかりました。

shimekiri_report_woman

一個一個使いたい単語を調べたり、文法を教科書でチェックしたり、最悪の手はGoogle翻訳に頼ってみたりして、なんとか250字程度の英作文を毎日書いていました。ライティングは特に苦手だったので、最初の方はその1つの英作文に4時間とかかけていました、、、

英文を書くのが難しい以前に、自分の意見を絞り出すのに時間がかかった記憶があります、、、汗

しかし、毎日やっていくと、そのような問いかけについて自分の考えや結論を出すことに慣れてきたり、使いやすい表現を覚えたりして、4ヶ月目ぐらいでやっと1時間ぐらいでかけるようになって、半年でやっと40分以内にできるようになった、、、と思います。。。

ちなみに私が課題で出されたエッセイのテーマは、毎回TOEICやTOEFLの出題例に沿った内容をやっていました。あれがなかったら今の大学のエッセイ絶対できていないと思うので、本当にやってて良かったです。(今のところ大学のエッセイは全部Aを取れています!わーい)

③使いやすい表現をリストアップする

english_writing

TRANSITION(接続詞?)は初期の頃、簡単なものをひたすら乱用してました。

Moreover, Furthermore, In addition to, Besides

Firstly, Secondly, Thirdly, Lastly, Finally

Therefore, To sum up, In conclusion, Thus, All in all

In contrast, On the contrary ,Nevertheless, However

Although, Even though, Despite, In spite of

In fact, where as, Instead of, Since, Because

For instance, For example, Such as

これらは簡単な接続詞の一部ですが、状況に合わせて文の先頭に置いたり、接続副詞として文と文の間に挟んだりするだけで、文の流れが自然になるので暗記するととーーーーても便利です。

slump_good_write_woman

あとは例えば

There is a strong possibility that.. (〜の可能性は高い)

It is reasonable to think that.. (〜と考えるのはもっともである)

There is no denying that.. (〜は否定できない)

など、簡単な定型文を覚えていくと、結構いろんなところで使えたりします。表現力には少し欠けるかのしれませんが初歩としては十分だと思います。

形容詞、副詞、熟語、ボキャブラリーを深めることで、文法自体を複雑にしなくても、もっと表現豊かな文が書けるようになります。

think out of the box とか play it by ear とか使うと先生は「おっ、、おぬし、なかなかやるな、、」となるかもしれません。意味、知っていますか?知らなかった方はググってみてください。

④ネイティブに添削してもらう

teacher_tensaku_white_woman

フィリピンの時は語学学校だったので、成績が特に出るわけでもなく先生が毎回添削をしてくれます。

しかし、大学に行ったら、先生は添削するとともに評価をつけて返してきます。すなわち、ある程度文章構成が理にかなっていないと成績が下がるわけです。うーん、どうにかして極力いいエッセイを提出したい。でも教授は忙しいし、友達のネイティブに毎回添削してもらうのも気がひけるし、Tutouring Centerに通うのもいいけど休日は家で過ごしたい。

そんな私みたいな人にオススメするのがHallo Talkというアプリです。

hellotalk-horizontal_2106x540_preview

こちらのアプリは、世界中の語学学習者が使用している、ネイティブと無料でテキスト、音声、ビデオでチャットができる万能アプリです。

ツイッターのように自由につぶやくこともできるし、自分の習いたい言語や興味のある文化の国の人を検索することができます。

Moments-iOS_preview

あとはボイスメッセージで発音の確認をしてもらえたり、文を添削し合えたりします。

Chat-iOS_preview

私はこちらを利用して、日本語学習者の手助けをする代わりに英作文の添削をしてもらえる方を見つけてお願いしています

とても便利なアプリなので、添削に困っている人は是非使ってみてください。こんな便利なアプリが無料で使えるのはやばいです!!!

意外とライティングが一番難しかったりする

結構留学のことについて相談してくれる人から「ライティングってどうやって勉強したの?」と聞かれるので今日はブログにまとめてみました。

これはあくまで、私が中学生程度の文しかかけなかった時に実行していたことなので、英語初心者の方や、ライティングに自信がない人にオススメします。

私は次のステップとして、もっと表現豊かなボキャブラリーや、ネイティブがよく使うようなかっこいい言い回しを真似できたらいいと思います。

一応、私がフィリピン留学で使っていた教材の一部を紹介しておきます。

TOEFLの勉強アメリカ留学を考えている人は参考までに。

    • 総合英語フォレスト(文法が苦手な人は、持っていて損はないです!)

    • TOEFL iBT TEST スピーキング+ライティング完全攻略(CDがついていてリスニングの勉強もできるし、ライティングに使える便利な表現がたくさん載っています!)

  • TOEFL テスト英単語3800(TOEFL学習者はみんな持ってる気がする!)

  • TOEFL テスト英熟語700(日常会話でも使える便利な表現がたくさん載ってます!)

さあ、そんなこんなでもうアメリカは朝の4時半です。おはようございます。

テスト勉強、、、しなきゃ、、、、zzzzzzzzzzzzzzzzzzz

Misaki

記事の投稿者

Misaki

中学で坊主、高校で不登校、大学中退の20歳女のニューヨーク州立大学卒業までの奮闘記です。アメリカでの生活の中で感じたことを発信します。応援よろしくお願いします!なぜかプロフィール画像が横のままなおりません。まあいいや。

あわせてよく読まれています

  • フィリピン・セブ島で真面目留学ならZEN English

ジャンル一覧

このブログについて

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.