ZEN ENGLISH
> > > アメリカに1店舗のみ!【Brooklynの一蘭】に行ってみたら衝撃の連発だった【ラーメン】
2018/01/12

アメリカに1店舗のみ!【Brooklynの一蘭】に行ってみたら衝撃の連発だった【ラーメン】

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

皆さんの好きなラーメン屋はどこですか???

こんにちは。ラーメンは圧倒的細麺派のMisakiです。

ここだけの話、私は大の一蘭ファンです!

超絶人見知りな私にとって、あの喋らなくてもオーダーできるシステム、完全に一人の空間でラーメンを楽しめるシステム、そして、辛さやトッピングなどが自由に調節できるシステム、控えめに言って、最高です!!!

そんな一蘭が、なんと、、、私の滞在していたブルックリンのホステルから徒歩10分程度のところにあったので、好奇心が通常の人の17倍ある私は(Misaki調べ)、すぐさまアメリカの一蘭の実態を調査しに行って来ました。

馴染みのある赤と緑の看板!!!

先日の記事で紹介した、Friend NYC という古着屋の近くのMorgan Av 周辺にあります。

マップで示された通りに歩いていくと、、、

b+A4WTCqRk6hUvvBKAKkyQ

ありました!大きい!

それもそのはず、隣が製麺所です。そこで作られた新鮮な麺が食べられるなんて!!!

zv2Wo0IZRmWD0KxNRFF%uQ

入り口は、もはや日本に帰ったと錯覚するほどに日本でした。()

聴覚で日本を思い出させてくる!!!うわああああ

早速入ってみると、、、

「いらっしゃいませー!」と挨拶してくれます。ああ。日本語。

「右側の6版の席にお座り下さい」と英語で言われます。

そして中に入って行くと、、、

「ドレミーレド、ドレミレドレー♪」

。。。。。。

うあああああああああああああああああああ

これこれこれ!!!!一蘭ファンはもちろんお分かりかと思いますが、よく小学生の時にリコーダーで吹いてたあのチャルメラサウンドが!!!!これがアメリカで聴けるとは思わなかった、、、非常にノスタルジックになるサウンドです。。。

一蘭の良さがしっかり守られている!!!うわあああああ

そして席につこうとすると、、、

うあああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!1

Ibz5XQZsTgeWPqZhKqTycg

ちゃんと区切られているーーーーー!!!!!!!

アメリカは日本人ほど周りの目を気にしない人が多いから、このシステムは、もしかしたら無いかなー、、、と思っていたら、、、、あったー!!!!やっぱりあった!!!!!まそりゃそうか!このシステムじゃなかったらただの美味しいラーメン屋さんだもん!いやそれでも全然行くけど!!!!!!

X%tHn5FDRT6H%stHB+EVMA

後ろに上着かけるところも、ティッシュがあるところも、忠実に再現されている、、!!!!

VKFhOCc3RteX5tnDCVD7%g

席には日本で見慣れたのとほぼ同じオーダー表が!箸入れも!そしてこのナプキン、めっちゃしっかりしてる!!!w キッチンペーパーなんじゃないかってくらいにはごわついてるけど、、まあ確かにこれ一枚あればラーメンすすった後の油とかもどうにかなる!笑

レッツオーダー!

IMG_4063

こっからは慣れたもの。しかし、いくつか日本の一蘭と違う点を見つけました。それは、、、

ネギの選択肢がない!!!

日本では、青ネギか、白ネギか、ネギなしが選べるのですが、こちらの一蘭ではネギの有無のみのチョイスでした。

日本では私はツウぶって、毎回青ネギと白ネギ両方に丸をつける、ただの欲張り女です。笑

なのでこの微妙な違いに気づきました。

ちなみにアメリカの一蘭でネギ有りにすると、青ネギがトッピングされて出て来ます。

煮卵が半熟じゃない!!!

アメリカでは、生の卵は衛生面的にだめとされているので、味の染みた豚骨煮卵が代わりでした。

日本では、殻ごと丸々一個の黄身が半熟の卵が出されるので、それを剥きながらラーメンを待つ、というのが半熟卵大好きの私の一蘭での1つの醍醐味でした。寂しいけど、まあしょうがない。

明らかに日本にはないドリンクとデザート

目を疑いました。。。中でも3度見したのはもちろん、、、

IMG_4064

Hcq5%9mySbKhXHwOQInwPw

「Matcha Draft Beer」、、、!?!?!?!?

抹茶生ビールってなんやーーー!!!!気になりすぎるーーー!!!!

思わず一瞬でチェックしていました。笑

あ、そういえば最近NYなのにあんまり年齢確認されないなーと思ってたら、ここでされました。

隣に座っていた外国人の方はラムネを頼んでいて、なんかほっこりしました。(帰り際にチラ見した)

全体的に高いよおおお、、、泣

いや、予想はある程度していたのですが、やっぱり高いーーー(;_;)

ラーメン1杯18.90ドル、、日本円にして約2127円、、、

日本の一蘭のラーメンは790円(多分)。

それでも高いと思うのに、約3倍もするとは、、、

ビールも一杯約1000円。オーマイガー。。。

でも、アメリカでも同じクオリティの一蘭のラーメンが食べられるのだとしたら、これだけ払う価値は確かにある!のかもしれないと一蘭ファンの私からの感想です。

待ってる間に周りを見渡してみた

そこには見慣れた説明書きや

IMG_4060

替え玉の説明や(替え玉も高いよおおお)

X4dxix5WRkSbewi4f5W0vA

チップの制度がないことを伝える注意書き、また、一蘭ならではの「味に集中するために携帯電話をサイレントモードにし、静かにしてください」といったようなことまで徹底されて書かれていて、とても感動しました。

IMG_4066

(日本でこの注意書きあったっけ、、、?)

来たー!!!実食!!!!

私が日本で最後に一蘭を食べたのは8月1日だったので、約5ヶ月ぶりの一蘭!

アメリカ、ブルックリンの一蘭はこちらです!

4vYp1YWbSjGHHDyWpTlMFw

ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

まさに、日本で食べていたものとほとんど変わらないルックス!最高です!

ちなみにこちらが5ヶ月前に日本で食べた一蘭です。

IMG_1332

こちらが今回アメリカで食べたもの。

obebRPImRLySJpHzm04Nhw

卵、白ネギ以外は、ラーメン自体の味もトッピングのきくらげもほとんど日本で食べたものと同じでとても感動しました。。。

な、懐かしいいいいいいいいいい

そして、みなさんが気になるであろうこちら!

Hb7Md%+xQ6ew%IToBQYK5w

抹茶生ビール!!!!

味はというと、、、、、、

いやほぼ普通のビールやんけーーーーー!!!!!

おそらく普通のビールに抹茶パウダーを混ぜているような感じだと思うのですが、すこーしマイルドになった普通のビールで、そこまで特別感はありませんでした。

IMG_4075

一瞬で完食!!!!

私は、今までラーメン屋に行って替え玉をしたことがあるのが一蘭だけです。

それくらいあっという間に完食してしまう美味しさです。

まあ、普通にこれだけでお腹いっぱいだったのですが、「せっかくアメリカに1店舗しかない一蘭に来れたんだから、替え玉する以外の選択肢はない!」と謎の思考が働き、気づけば半替え玉を平らげ、食べすぎて気持ち悪さに見舞われていました。その気持ち悪さすら幸せに感じるほど、美味しかった。。。。

日本にいるときは、スープを完飲した友達を「スープ完飲してるwwwwwww ワロタwwwwwww」とバカにしていましたが、日本での値段の3倍を払ったラーメンのスープは、飲み干さざるを得ませんでした。

すると、この文字。

SJi9A8xDRsWZZgNQu7Phlw

「この一滴が 最高の喜びです」

。。。

まじでそれな。

一滴残らず完飲しました。

ごちそうさまでした。お勘定。

X9kbZivNTlOXyAwmivr8sQ

はい。もう覚悟はしていましたが。。。40.83ドル。。。

日本円で約4596円

アメリカで大好きな一蘭を食べれられるのであればもう値段なんて関係ない!

そして、アメリカということを感じさせない徹底した一蘭流の環境作り、本当に感動しました。

こんなに素晴らしいサービスでチップが発生しない日本に違和感を感じるほどです。有難や。

ブルックリンに一蘭を作ったお偉い方、本当にありがとう!!!!!!

そんなこんなで、超絶ハッピーな1日でした。

ブルックリンのあの場所に一蘭を作ってくださった方、本当にありがとうございます!

あの一蘭ならではのシステムがアメリカで味わえるなんて思ってもいなかったし、

店の雰囲気や味は、日本で味わったものそのままでした。

そして、あの日本ならでは、一蘭ならではの文化をアメリカの人にも体験してもらえるのは、とても嬉しいです。なぜなら、少なからず日本人じゃなくてもあのようなシステムの飲食店を好むシャイな人や、味に集中したい人はいると思うからです。

なんか小学生の感想文のようになってしまいましたが、本当にこの4ヶ月弱の留学生活の中で、一番日本を思い出したと言っても過言ではないくらいの素敵な経験ができました。

日本にいる皆さんは、アメリカの3分の1の値段で一蘭が食べられるので、ぜひ日本にいるうちにたくさん食べてください。アメリカにいて一蘭が食べられないと落胆している方、ブルックリンに行けば、味わえるので、ぜひ!!!

ずるずる!

Misaki

記事の投稿者

Misaki

中学で坊主、高校で不登校、大学中退の20歳女のニューヨーク州立大学卒業までの奮闘記です。アメリカでの生活の中で感じたことを発信します。応援よろしくお願いします!なぜかプロフィール画像が横のままなおりません。まあいいや。

あわせてよく読まれています

  • フィリピン・セブ島で真面目留学ならZEN English

ジャンル一覧

このブログについて

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.