ZEN ENGLISH
> > > ニューヨーク滞在で宿泊費を抑えたいなら『ホステル』に泊まろう!
2018/01/6

ニューヨーク滞在で宿泊費を抑えたいなら『ホステル』に泊まろう!

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

実は、見知らぬ男5人と一緒の部屋に住んでいました。

こんにちは。絶賛冬眠中のMisakiです。

寒さには本当に弱いので、昨日は大雪だったため一歩も外に出ずYouTubeをひたすら見ていました。

Logan Paul というアメリカの子供から大人気のユーチューバーが青木ヶ原樹海、通称 ”Suiside Forest” に行き、死体を撮影して動画にアップしたなどで炎上しています。

様々な人がLogan Paul の一連の騒動へのレスポンス動画をあげていて、それを聴いて、リスニングや単語の勉強をしていました。知らなかった皆さんはぜひ見てみてください。(Logan Paulの問題になった動画は削除されています)

さて、私は以前から「Brooklyn」に滞在していると言っていますが、実は最初にも言った通り、知らない男の人5人と同じ部屋で過ごしていました。

。。。。

というのも、日本の皆さんはあまり馴染みがないかもしれませんが、私は実はいま「Hostel」という施設に滞在しています。

ホステルとは何か

ユースホステルは、青少年少女の旅に安全かつ安価な宿泊場所を提供しようという主旨で始まった運動と、それにより生まれた、宿泊施設の世界的なシステムである。

略称「YH」。日本では「ユース」とも。

Wikipedia参照

旅行に行く際に「ホテル」に泊まると、最低1泊6000円ぐらいはかかるのではないでしょうか。
しかし、「ホステル」は、他の人と1つの部屋を共有する代わりに1泊が約半額の3000円ぐらい(相場)で済むので、とてもお得な宿泊施設なのです!
(時期によって相場は異なります。もちろんお正月周辺などは結構な値段でしたがそれでももちろんホテルよりは安いと思います。)

ホステルのメリット・デメリット

ホテルと比較した時のホステルのメリットとデメリットはこんな感じです。

メリット

  • とにかく安い
  • いろんな国の人と話す機会ができる
  • シェアルームなので寂しくない
  • ルームメイトと友達になれるかも
  • 共同キッチンがあるから自炊も可能
  • ハウスキーピングもある

デメリット

  • ホテルほど綺麗ではない
  • アメニティは貸出タオルくらい
  • シェアルームなのでプラベート空間はほぼない
  • シャワーやトイレも共同
  • 気を遣う
  • 盗難などが少し心配
もし人と同じ空間で済むことに抵抗がなければ、盗難などにさえ気をつければとても安くて充実した生活が送れると思います。

まじでオススメなBrooklynのホステル

これを見ている皆さんがもしニューヨークにくる機会があって、なおかつ「滞在費を安くしたい!」「ネイティブスピーカーと関わる機会が欲しい!」と思うのであれば、私の今滞在しているブルックリンのホステルはとてもオススメです。

Moore Hostel

こちらが今私が滞在しているMoore Hostelです。

IMG_4112
外観がもうNY感を醸し出していて私はとてもお気に入りです。
また、外観だけではなく、中にもたくさんの絵が描かれています。
IMG_4096
入り口には様々な言語で歓迎のグラフィックが、、、!
IMG_4098
rdM8jTlASuW+mG2krys3ug
IMG_3970
階段の途中や いたるところにアートが施されていて、ここに住んでいるだけでニューヨーク感を感じることができます。
このようなところもホテルにはない魅力だと思います。
ちなみに徒歩で10分以内に最寄りの駅が2つあるので、マンハッタンに出るのも手軽で立地、アクセスは抜群です。
そしてブルックリンはまだ開発途中の都市なので、外も騒がしくなく住み心地もいいです。
徒歩5分圏内にはランドリーもあるので長期滞在で洗濯が必要になっても大丈夫です。
fKxZdGmFSPqqGGieuCfrQA

メインロビー

rCWlwnbuS9CoG+bOZrp4ZQ
一階のリビングにはテレビとソファがあり、ここで暇なときはホステル仲間と談笑したり、映画を見たりして楽しんでいます。自動販売機や24時間無料で使えるコンピュータールーム、荷物を預けておけるLuggege Roomなどがあります。
ちなみに私はここのテレビでカウントダウンを見ながら年を越しました。
IMG_4085
私が行った時は大きなクリスマスツリーも飾ってあり、アットホーム感がすごいです。
中庭は主に喫煙所として利用できます。室内はおそらく全室禁煙です。
IMG_3968
yXhJbIJvS3CQFuPg1IBZrA
こちらの一階に併設しているコーヒーは利用者は無料で飲めます。
紅茶やウォーターサーバーもあるので、飲料を買いに行く必要もありません。
IMG_4089
ロビーの本棚も自由に利用することができます。
1冊寄付すると1冊持って帰ってもよいというシステムになっています。

地下1階

地下一階には共同のキッチンがあります。

IMG_4101

オーブン、電子レンジ、トースター、冷蔵庫、湯沸かし器からお皿、フライパン、包丁やスプーン、ナイフ、フォークまで自由に使えます。

もちろんこのホステルの周りにはたくさんのレストランバーがあるのでそこをめぐるのも楽しいですが(日本食のレストランも数箇所あります)、生活費を抑えたい人や自炊が好きな人は、近くのスーパーで買い物をしてここで調理するのもいいと思います。

写真の上の方に置いてある箱や、冷蔵庫には自分の食材や調味料などを入れてラベルを貼り、置いておくことができます。

フリーで使える調味料(油や塩、胡椒など)もあります。

キッチンの反対側にはテーブルや椅子があるので、食事をとる人やパソコン作業をする人、みんなで飲みながら談笑する人、利用の仕方は様々です。

IMG_4100

また地下1階には、ビリヤードなどが楽しめるゲームルームもあります。

雨や雪などの寒い日は特に大賑わいです。

2〜4階

それぞれの階にはアーティスティックな壁の絵の廊下に連なり、それぞれの部屋があります。

私の部屋は2階だったのですが、オーナーによると主に2階は日本人のアーティストが壁に絵を描いたそうです。

zzkIbkgmTQOkrNHm%wfFCg

私の部屋は、6人一部屋でした。

IMG_4117

真ん中にソファがあって、各隅にベッドが並んでいます。

電気はいくつかあるので、ほかの人が寝ていても自分のスペースだけつけておくことも可能です。

他にも確か、4人部屋や2人部屋なども選択できたと思います。

6人部屋が1番安いですが。

トイレ、シャワー、洗面所はこのような感じです。

y3DpJWKDTLG242XisLbl3w

Yu9t9D3fS8u7BnYeg9xyhw

バスタブはありません。

ハウスキーピングは毎日来てくれるので常に綺麗に保たれています。

水漏れや詰まり、温度調節に関する不具合があった時は、フロントデスクに言えばすぐに直しに来てくれます。

毎週水曜日のコメディショー

毎週水曜日(?)は利用者が無料で観覧できるコメディーショーが開催されます。

ちなみに、Free Beerで無料で缶ビールがもらえます!わーい!!!!

IMG_4038

私も一度参加させていただきましたが、英語のリスニングの勉強にもなるし、何より日本のお笑いとは全く違ったアメリカのお笑いを体験できてとても面白かったです!

ちなみにアメリカでいうコメディーショーは、日本の漫才などとは違い、1人でひたすらいろんなトピックについて面白おかしく喋り、笑いを取ると行ったような感じです。

しかし、驚いたのは、

日本人って、愛想笑いという文化があるから大して面白くなくても笑うことって多々あると思うのですが、アメリカでは、本当に面白いと思ったことにだけ笑うので、めっちゃシラける時も多々あります。。。でもトークしているコメディアンは、めげずに1人で喋り通していて、すごいなと思うとともに、厳しい世界だな、、、と感じました。

ニューヨークの宿泊施設で迷っているんだったらここはおすすめ!

何よりフロントマンがめちゃくちゃ親切でフレンドリーなので、観光する場所やおすすめスポット、この滞在日数だとこのチケットやメトロカードを購入すべき、など様々な情報を教えてくれます

また、ホテルではそこまで他の宿泊者と関わる機会は少ないですが、ホステルだといろんな国からきた様々な年代やバックグラウウンドを持つ人とたくさん交流ができるので、とても楽しいです。

私も実際に、中国人の女の子とお互いの国の疑問に思っていることについて議論したり、ニューヨーカーの団体とお酒を飲みながら話したり、フランスやキューバからきたバックパッカーの話を聞いたり、いろんな人と交流ができてとても楽しかったです!

ちなみに私の6人部屋は男女混合でしたが、特に何の問題もなく快適に過ごせました。

冒頭で、私1人と男性5人の部屋と言いましたが、長期滞在でない限りはころころルームメイトが変わっていくので、男性の中で私一人だけ女性だったのはたまたまで数日間だけでした。その後は徐々に女性のルームメイトが増え、今では女性5人と男性1人です。

気をつけなくてはいけないのは、何より盗難だと思います。

金庫などはないので、相当不安な人は寝るときにもウエストポーチをつけて寝たりする人もいます。

私はそのようなことはしませんでしたが、盗難はありませんでした。

ただ、冷蔵庫にラベルを貼って入れておいた牛乳と卵がなくなっていたことはあります。

誰かが落としてダメにしまったのか、使われてしまったのかはわかりませんが、、、

部屋にはロッカーは一人一つありますが、南京錠などは持参する必要があります。

それか、貴重品は常に自分のキャリーケースにしまい鍵をかけ、その鍵を常に持ち歩くなどして盗難防止をしましょう。

私はフィリピン滞在で過去に2度スマートフォンをスられたので、(笑)貴重品は肌身離さず持って行動し、立ち去るときには忘れ物がないか常に確認していました。当たり前か。(笑)

まだまだホステルの魅力は伝えられないほどたくさんあるのですが、だいたいこんな感じです。

もし「ニューヨークのシティライフを味わいたい、でも、お金は節約したい、でも、シティにアクセスしやすい立地に住みたい、そして、たくさんの人と交流したい!」という人がいましたら、ここのMoore Hostelはとてもおすすめなのでぜひ候補に入れてみてください。本当にアットホームで素敵な空間です。

私は今回約二週間の間の滞在でしたが、その間にもHostelで様々な人と出会ったり、様々なところに行ったので、その時のことはまた違うブログでたくさん発信していこうと思います。是非楽しみにしていてください。

ああ。やっとニューヨークらしい生活を味わえて感無量のMisakiでした。

明日は、とうとう引越しです。。。では!

Misaki

記事の投稿者

Misaki

中学で坊主、高校で不登校、大学中退の20歳女のニューヨーク州立大学卒業までの奮闘記です。アメリカでの生活の中で感じたことを発信します。応援よろしくお願いします!なぜかプロフィール画像が横のままなおりません。まあいいや。

あわせてよく読まれています

  • フィリピン・セブ島で真面目留学ならZEN English

ジャンル一覧

このブログについて

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.