ZEN ENGLISH
> > > Au Pair(オペア)になるまで-その3
2016/12/2

Au Pair(オペア)になるまで-その3

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

こんにちは!

今回もオペアになるまでの流れを紹介します:)

アメリカのエージェントに書類を提出し、オペアとして登録されると

いよいよホストファミリーとのマッチングに入ります。

ee44e783adb525e88cf95174aad7ccde_m

③ホストファミリーとのマッチング

何よりこれが一番大切です!!!

ホストファミリーはアメリカでの家族になる存在です、1年なりプログラムを延長したら最長2年一緒に過ごすことになります。(プログラムを延長する際や実際に生活してみて合わなかった場合は変えることもできます。)

マッチングの方法はエージェントによって異なるのかなと思うのですが、

スカイプ等で対面インタビューをしなくてはいけないのはどこも同じだと思います。

今回はわたしのエージェントAu Pair International(以下API)のマッチング方法紹介します。

オペアとして登録されるとオペアの基本情報や先に提出したホストファミリー宛のレター、写真コラージュなどがホストファミリーに公開されます。

ホストファミリーは希望するオペアの国籍や性別、オペアのスキル、渡米可能時期などをもとにエージェントのマッチング担当者に該当するオペアがいないか聞いたり、オペアリストから気になるオペアを見つけます。ホストファミリーが候補となるオペアを見つけると、エージェントのマッチング担当者を経由してオペアにそのホストファミリーの情報と連絡先が送られてきます。(ホストファミリーもオペアと同じように基本情報やオペア宛のレター、写真を提出しています。)

マッチング担当者からホストファミリーの情報が送られてきたら、オペアからそのファミリーに連絡を取ります。まずはメールであいさつ程度で大丈夫です◎

その後はホストファミリーの出方も見つつ、事前にファミリーの情報に目を通していると思うので、このファミリー自分に合っているかも!と思うのならば積極的に質問したり、スカイプ等での対面インタビューで相性を確認していきましょう。

もちろんこの家族はちょっと違うかも、と思うこともあると思います。その場合は断っても問題ありません。

対面インタビューなどを通してホストファミリーがこの人をオペアとして受け入れたい、ということになるとエージェントのマッチング担当者からこのファミリーからオファーがあるよ、と連絡が来ます。

そしてわたしたちがそれを承諾するとマッチング成立です!!!

マッチングの流れについて少し補足すると

わたしたちオペアからはAPIに登録しているホストファミリーの情報を見て、コンタクトをとることができません。

なのでオペアとして登録された後はひたすら待ちます、辛抱強く待ちます。

待つ期間やマッチングするまでの期間は本当に人それぞれです。

わたしはなるべく早く渡米したかったので2家族、1ヶ月でホストファミリーを決めましたが、10家族見たり半年や1年近くかけてホストファミリーを見つける人もいます。

わたしのエージェントはとても小さく、また渡米するまで知らなかったのでわたしは使いませんでしたが、中にはインターネットの掲示板やFacebookのマッチンググループでホストファミリーを探してコンタクトをとるオペア、その逆でホストファミリーがオペアを探す場合もあります。しかしこれはきっかけに過ぎず、最終的にはきちんとエージェントを通さなければいけません。

オペア生活はホストファミリー次第と言っても過言ではないほどマッチングはとても大切です。

とは言ってもホストファミリーに何を質問したらいいのだろう?とか英語でのインタビューなので慌ててしまうこともあると思います。また、渡米後にこんなはずじゃなかったのに!となるかもしれません。そのような事態をなるべく避けるためにインタビューのポイントをまたの機会にお伝えしたいと思います。

次はオペアになるまで最終回。

ホストファミリーが決まり、渡米までにすることを紹介します:)

記事の投稿者

Ayaka

脱サラして単身渡米、アメリカ生活も2年目に。Instagram(@itsmeaykwi)でも情報発信しています。

あわせてよく読まれています

  • フィリピン・セブ島で真面目留学ならZEN English

ジャンル一覧

このブログについて

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.