ZEN ENGLISH
> > > [jollibee]ジョリビー日本初の東京店が2018年にオープンか!?
2016/11/8

[jollibee]ジョリビー日本初の東京店が2018年にオープンか!?

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

Jollibee to open first Japan store in 2018

ネットで見つけた英文記事。フィリピンのマンモスファーストフードであるジョリビー!がついに日本に出来る!?

jollibee009

まず[jollibee]ジョリビーとは?

IMG_3149
(写真はZEN English最寄りのジョリビーLahug店)

フィリピンで最も人気のあるファーストフード店です。日本でいうとマクドナルドという表現をよく耳にしますが、ジョリビーはそんなちんけなものではありません。洋食中華フィリピン料理、全てを含めて国内で頂点に立つナンバーワンの人気レストランなのです。

どんなところにある店舗でも常に中は人で埋まっていて、ゴールデンタイムには長い列ができます。フィリピンでのジョリビーは絶対王者。なので「日本でいうマクドナルド」というの非常に不適切な表現なのです・・・!笑

IMG_3150ジョリビーLahug店のお昼時。ジョリビーの中では実はここは空いている方。各列に5、6人くらいの人が並んでいます。モールとかに入っている店舗だとさらに長い行列が続きます。

IMG_3153

一方こちらは同じLahug地区にあるマクドナルドのお昼時の様子。店内は満席でこちらも十分人気店と言えるのですが、ジョリビーと比べるとこの差がおわかり頂けるでしょう。

ジョリビー日本進出の噂

前々からジョリビーの日本進出の噂はけっこう聞いていたのですが、地区や時期などの詳細は耳に入っきていませんでした。

ついに詳細が決まったか!と思いきや、この記事によるとジョリビー本社は東京へ2018年のオープンを目指しているよう。今からだと後1年ありますが、フィリピンなので早くても2018年という認識でいたほうがいいかもしれません笑。最悪2020年くらいになるかも・・・?フィリピンはとにかく時間に適当なので、基本的に予定よりも遅くなります。店舗とか工事とか大規模になると年単位で遅れてきます・・・。

場所はまだ発表されていませんが、まだ決まっていないのでしょう。この記事を読む感じだと、日本人向けというよりかは、在日フィリピン人に向けたコンセプトのようです。そもそもジョリビーはフィリピン人のためにフィリピン人が作ったファーストフード店。既に海外展開をしているジョリビーですが、海外店舗は基本的に在住しているフィリピン人向けに想定されている。なのでフィリピン人が出稼ぎに行くような国にジョリビーはあります。日本も家政婦としてフィリピン人へのビザを解放したりする動きが強まっているので、ジョリビー進出は必然と言えるかもしれません。はたから日本人に流行らそう!なんて気はまったく無いところがいいですね。

ジョリビーの人気メニュー

そうした場合、メニューはなるべくオリジナルを忠実に再現したものになると思われます。

そのままのメニューは絶対に日本人にはウケないと思われるので、店舗はフィリピン人の溜まり場になりそう笑。

_igp7285

フィリピン人の間では、いわゆるザ・ファーストフードのハンバーガーとポテトという組み合わせは実は、あまり食べられていません。ほとんどの人が、こうしたお米+チキンセットか、パスタとチキンセットなどを食べる。実はフィリピン人のお米の1人当たり消費量は日本人の数倍あります。そのくらいフィリピン人はお米大好き民族なのです。

パスタ、お米、春巻き、チキンという最強高カロリーセットも存在します。こんなの毎日食べてたら病気になりそう・・・汗。しかしこれがフィリピン人夢の一食・・・!!

日本人からするととんでもない組み合わせですが、春巻きはフィリピンローカル料理として定着している定番の品でもあり、フィリピン人が好きなものがこのプレートに集約されているのです。

meal-a

時と場合によっては日本食よりもフィリピンローカル料理を好むほどローカルに染まってきた私ですが、このジョリビーのチキン&ライスセットだけはどうも好きになれません。チキンはチキンだけで食べたいです。

フィリピンでのジョリビー人気は凄まじく、どんな店舗、どんな時間帯でもお客さんで埋まっています。フィリピン人は、おそらく高級イタリアンや日本食に連れていかれるよりも、ジョリビーに連れていってもらったほうが嬉しい人が多いと思います。そのくらい根強い人気があるのです。

こうしてメニューを見ると、ジョリビーのメニューは完全に屋台や家庭で出て来るフィリピンのローカル料理で、それをファーストフード化したものであるとわかります。ファーストフードはファーストフードなのですが、根本的なルーツがマクドナルドとは違っています。これは”フィリピンの”ファーストフードと言えるでしょう。

フィリピンではマクドナルドでもこういったメニューが導入されていて、ほとんどの人がライスセットを注文しています。日本で食べるようなバーガーセットを注文している人はほとんどいません。

これらのフィリピンファーストフードは、耐性のあるフィリピン在住日本人ならともかく、日本で育った純粋な日本人にはなかなか受け入れられないと思います。

しかし、東京にできるとなると日本に嫁いだフィリピン人的には歓喜!殺到するでしょう。
出稼ぎのフィリピン人は地方の工場とかにいる人が多いので、東京だとちょっと距離があるでしょうか。
狙い目は東京在住者とこれから増えるであろう日本への観光客。

なんだかんだ、メニュー、内装とか客層が気になってしまうので完成したら是非行ってみたいところ。

ジョリビービジネスをやってみたい方、こちらも合わせてご覧ください。
Jollibee(ジョリビー)のフランチャイズ料と出店方法を解説

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

記事の投稿者

Martin

あわせてよく読まれています

  • フィリピン・セブ島で真面目留学ならZEN English

ジャンル一覧

このブログについて

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.