ZEN ENGLISH
> > > セブのダイビング事情
2016/07/3

セブのダイビング事情

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

こんにちは!日曜日ですね!

SAKIです。

今日は早朝からテニス、午後からはバドミントンというアクティブな一日を送っております。

さて、今日は私の大好きなダイビングの話題です。

セブはものすごい数の島から成り立つ国家であるため、正直どこに行っても海やビーチがあります。私の住んでいるセブ市内からマクタンリゾートまでは車で約40分程度と土日を使って気軽に遊びに行けるというのも魅力ですね。

さて、そんなフィリピンに住んでいるのでマリンスポーツをやらないともったいない!ということで、ウン10年海に行っていなかった私は語学学校の生徒さんに誘われるままダイビングのライセンスを5月に取得しました。しかもアドバンス。むしろ以前は海大嫌いだしサメにあったら食べられるし暑いしやけるしいいことないやん!と思っていましたが、今では月に2回程度ダイビングにいくというドハマりっぷりです。

セブに来てマリンスポーツに挑戦してみたい学生さん、社会人の方々のために実際にスキューバダイビングのライセンスを取得し、セブでダイビングをするためにはどうすればいいの?ダイビングの相場はいくらくらいなの?という点を徹底的に解説いたします(‘ω’)ノ

セブでスキューバダイビングのライセンスを取得する場合

diving

まずダイビングのライセンスにはPADIとNAUIという2つの発行団体があり、さらに水深18メートルまで潜れるオープンウォーター、それ以上の水深+ナイトダイビングができるアドバンスに別れます。取得までの期間は3日間となっており、土日を使ってフルで取得します。ライセンス発行は受講終了日から2~3週間かかることもあるので短期留学の方はご注意ください。

日本でスキューバダイビングライセンスと取得する場合の相場は、6万~8万円です。こちらは機材レンタル代やインストラクターからの指導、教材費、ライセンス発行費すべて込みの値段ですね。

しかし、セブで取得した場合はなんと3万円弱!私は韓国資本のダイビングスクールに行き、9000ペソで取得ができました。 スクールに関してはコチラからご覧ください。

基本はLINEでオーナーさんとやりとりして、日にちを決めて、迎えに来てもらいます。送迎付きかつ、スクール卒業後は1か月間ダイビングし放題というサービスがついています。ただ韓国資本なので説明は英語によって行われます。できれば韓国人と一緒に行くといいかもしれません。

つまり、セブで取得したほうが圧倒的にお得!ということです。ただ、日本人資本のダイビングスクールに行った場合は値段は数倍になります。フィリピン留学で英語力をつけて、ローカルや外国人資本のダイビングショップに挑戦するのがおすすめですね。

セブでダイビングする場合の相場

1024-cc-library010000273

さて、ライセンスを取得した後はショップ選びです。マクタンにはかなりの数のダイビングショップがありますが、サービスはけっこう似たり寄ったりですね。超高級ダイビングショップに行く必要はないでしょう。ただ、あまりに機材がぼろすぎるところや、ダイブマスターが適当なところは避けたほうがいいでしょう。基本はマクタンのショップから運転手付きのボートを借りて、沖まで出ます。マクタン島周辺にはさまざまなダイビングスポットがありますよ。(これは別記事でご紹介します)

気になるお値段ですが、ダイビングは1回だけでは採算が取れないため、2回~3回がセットとなっています。日本人資本のダイビングショップを利用した場合は2回でマクタン島周辺は3000ペソ~、有名なダイビングスポットは6000ペソからになります。

フィリピン人資本のダイビングショップを利用した場合は、マクタン、ダイビングスポットどちらも2回で2200ペソ~となります。というわけで、圧倒的にローカルのほうが安いわけですね!

英語が一切喋れない観光客の方以外は、できる限りローカルのダイビングショップを利用したほうがお得ということになります。また、常連さんになればどんどん値切れます。笑 また裏技ですが、フィリピン人でダイビングをする人と仲良くなれば3回ダイブで1500ペソという破格の値段でダイビングすることも可能です。この場合は機材セットなどは自分でやることになりますね。個人的には機材セットがめんどくさいので、2000ペソくらい払ってお任せしてます。こうすればもう船から潜るだけですね。私が通っているダイビングショップについてはまたこちらも別記事で紹介しますね。

というわけで、セブでダイビングする、ライセンスを取る場合の相場をご紹介しました。セブの海は本当にきれいなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

me

※ダイビングスクールの方に撮ってもらった写真です★

記事の投稿者

SAKI

福岡出身のSAKIです。セブ島に来て1年近くになります。 スキューバダイビングとカフェをこよなく愛する26歳。 IELTSやTESOL、留学情報など、元留学カウンセラーとして様々なことを発信していきたいと思います。

あわせてよく読まれています

  • フィリピン・セブ島で真面目留学ならZEN English

ジャンル一覧

このブログについて

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.