ZEN ENGLISH
> > > TESOLを受講するメリットとは?
2016/06/2

TESOLを受講するメリットとは?

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

こんにちは!SAKIです。

前回はTESOL全体の概要と申し込みの手順について解説しましたが、今回はセブ島、もしくは欧米圏でTESOLを受講するメリットについて詳しくご紹介します。

メリットその①

世界中で通用する

glob

TESOLは国際的に認められている資格であり、一度TESOLを修得すると世界中で英語講師ができます。元々は移民教育のために取得する人が多かった資格ですが、今では語学学校の教師の質を一定以上に保つために雇用の際に資格を持っていることを条件としていたり、採用後に資格を取得させることもあります。第二言語習得理論やグラマー、発音などの教授法、ライティングスキルの向上、プレゼンテーション方法、成績の評価法、教材の作成方法といった英語教師に必要な一通りの知識が詰まっています。

メリットその②

リーズナブルな価格である

money

TESOLの資格を取る際に大きな違いが出るのは、料金と言ってもよいでしょう。というのも、受講する期間や国によって大きな違いが出てくるため、自分の予算に合わせて取得する国を選ぶことが重要となります。以下、国ごとの平均費用をご紹介します。

TESOL(4週間)学費の比較

アメリカ/カナダ 25~30万円
イギリス 22万~27万円
オーストラリア/ニュージーランド 15万~25万円
フィリピン 10万~12万円

このように、やはりアメリカやイギリスではやや学費が高くなる傾向にあります。一方、フィリピンでは英語が公用語ながら10万前後でTESOLの資格が取れてしまうため、語学学校に通った後にプラスαとして資格を取得したいという方におすすめです。

メリットその③

短い期間(1カ月)で資格が取れる

time

TESOLは修士課程になると2年間しっかりと通う必要がありますが、基本的に語学学校やTEFLセンターで開講されているものは4週間が基本となります。そのため、社会人として働いておりあまり時間がない方、留学中で期間が定められている方にとってもチャレンジしやすいと言えるでしょう。英語を使って英語を教えることになりますので、今まで学んだ英語を生かしつつ、さらに資格を取りながらご自身の英語力のブラッシュアップを図ることができます。

メリットその④

今後の就職やキャリアアップに生かせる

leraninh

日本では、東京オリンピックなどに向けて都市の国際化が急速に進んでいます。各地の地方自治体や企業では英語が堪能な人や、英語教育に精通した人材の確保が急務とされているため、今後英語教育分野の需要はしばらく見込めると言ってもよいでしょう。したがって、TESOL資格を取ることで日本国内においても就職先を見つけやすくなるというメリットがあります。

以上、TESOL取得の大きなメリット4つをご紹介しました。フィリピンや欧米圏に留学中の方はこの機会を利用して日常英会話の枠を超えたワンランク上の英語力を身につけてみてはいかがでしょうか。それでは今日はこの辺で(*´ω`)

記事の投稿者

SAKI

福岡出身のSAKIです。セブ島に来て1年近くになります。 スキューバダイビングとカフェをこよなく愛する26歳。 IELTSやTESOL、留学情報など、元留学カウンセラーとして様々なことを発信していきたいと思います。

あわせてよく読まれています

  • フィリピン・セブ島で真面目留学ならZEN English

ジャンル一覧

このブログについて

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.