フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > Exective DBA(PhD)の時代がやってくる?!
2017/12/25

Exective DBA(PhD)の時代がやってくる?!

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

DBA cover

フィリピンの医学部はほぼ断念したものの、やはり何か学びたいと思っています。仕事を長期間離れるのは現実的ではないことがわかったので、Executive MBAのように仕事をしながらでも学べるものを検討しています。最近イギリスとヨーロッパのビジネススクールで、Executive DBA(PhD)なるものが設立ラッシュのようです。今日はExecutive DBA(PhD)について。

Executive DBA(PhD)とは

Doctor of Business Administration(PhDの場合はDoctor of Philosophy)、日本語で言うとビジネス博士のExecutive向けのプログラムです。通常DBAやPhDはフルタイムで学ぶのが一般的ですが、イギリス、ヨーロッパのトップスクールが最近Executive向けのDBA(PhD)プログラムを立ち上げている傾向があります。Executive DBA(PhD)が通常のプログラムと違うのが、理論的なことよりも実務よりなリサーチに力を入れている点です。

イギリスの有名なビジネススクールの中では、

Cass Business School(Executive PhD)
Cranfield Business School(DBA)
Manchester Business School(DBA)
Henley Business School(DBA)

ヨーロッパの有名なビジネススクールだと、

IE(DBA)
SDA Bocconi(DBA)

などがExecutive向けのDBAのプログラムを開講しています。MBAの学位を必須としているプログラムが多く、MBA後のさらに学びたいビジネスマンをターゲットにしていると思われます。IEがヨーロッパの中では比較的長く運営しているのですが、MBAが出願の必須条件で10年以上のマネジメント経験を要求していることから、40代が平均年齢のまさにエグゼクティブ向けのプログラムとなっています。

イギリスはがっつり系

ヨーロッパの他の2校と比較をすると、Residentialの期間が比較的多く、結構がっつり学ぶ学校が多いイメージです。唯一Executive PhDとPhDを名乗るCass Business School, City University of Londonの場合の例で下記に説明をします。

1年目 1週間を4回
2年目 1週間を2回
3年目 1週間を2回
4年目 1週間を2回

上記のとおり4年間で1週間の現地での授業を10回受ける必要があります。しっかりしているからPhDなのかもしれませんが、3か月に1回イギリスに行くのは少しきついですね・・・。

ちなみにシカゴ大学のExecutive MBAプログラムの場合は、21か月で16週間のレジデンシャルセッションがあります。フルタイムMBAと全く同じカリキュラムをこなすので、16週間は必要なのだと思います。実際にその頃は英語もブラッシュアップしたいので、レジデンシャルが長いプログラムを意識的に選びました。

ゆったり系はボッコーニ大学

イタリアの名門大学ボッコーニ大学(ビジネススクールはSDA Bocconi)だと、3年間でDBAの学位が取れ、かつイタリアに行かないといけないのは、3年間で1週間を4回だけ。その代わりにオンラインでのセッションが1週間を3回あるので、合計7週間のセッションとなっています。

イタリアまで行くとはいえ、3年間で4回(1週間)だけというのは、忙しいビジネスマンにはありがたい話ですね。期間も3年間でDBAの学位が取れます。ここらへんは短いから楽なのか、実はこのプログラムは2017年10月開講の出来立てほやほやなので、なんとも言えませんね。問い合わせをしたら2017年10月開講のプログラムは満員で、来年開講もすでに数名の問い合わせがあるとか。

現実的にはBOCCONIか

CASSのロンドン大学かつPhDはいいなあという気持ちがある一方、イタリアの名門ボッコーニのゆったり型は捨てがたいですね。イタリアのボッコーニ大学ですが、経済学と経営学は世界大学ランキングでともに10位台とリサーチにもかなりの実績がある名門校です。(単純に経済学、経営学の分野では東大より上ということになります)

実際に会社のトップという立場だと、従業員に年に10日くらいしか有給休暇を与えていない状況で、自分が年に4週間も会社から抜けると批判をされることがあります(MBAに参加中に従業員から批判をされた経験がありますので・・・汗)。実際にオーナー経営者だと知ったこっちゃありませんが、そこらへんはなかなか理解してもらえないのです。

ということで検討するとしたらボッコーニですね。フィリピン医学部でドクターなるのやめて、ビジネスのドクターにします・・・とか苦笑。

正式に決まったら報告します。

応援よろしくお願いします。


フィリピン留学 ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑1日1回クリックをお願いします。

記事の投稿者

ZEN English代表者

大学卒業後8年の会社勤務を経て2001年11月30日に起業。起業10年目に海外進出を決意し、以降海外に拠点を拡大。大阪大学経済学部卒、シカゴ大学MBA。

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
  • 留学JPオンライン英会話
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.