フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > フィリピン・海外でやっていくためのコツ
2017/12/6

フィリピン・海外でやっていくためのコツ

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

12512666_1144092598954579_7452122331987922115_n

フィリピン(セブ島)での生活も5年近くになりました。シンガポールも含めると7-8年は海外で生活していることになります。今日は海外でやっていくためのコツについて。

日本人であることを忘れない

郷に入れば郷に従え、も海外生活では大事かもしれませんが、僕が大切にしているのは日本人であることです。時間をキッチリ守ったり、一生懸命頑張ったり、日本人としての良さを忘れてしまって海外生活がうまくいくはずはありません。現地化してしまい、外国人であることを認識しないと、特にフィリピン(セブ島)では足もとを救われることになります。

人や会社に依存をしない

最終的に一番頼りになるのは自分自身です。また世の中の流れは速く、今日うまくいっている会社も明日はどうなるかわかりません。海外で暮らすということは、常に自己責任の考えを持ちつつ、自己防衛に努めなければいけません。特定の人や会社に頼ることは、最終的に本人にとって、大きな問題が起こることになりかねません。

いい意味で鈍感になる

日本国外で暮らすと、日本の常識では考えられないような人が多くいます。細かいことを気にしていてはやっていけません。他の人がどう思うとか、誹謗中傷を気にするあまり、本来やるべきことがおろそかになってはいけません。自分自身を強く持ちつつ、ある意味他のことには目をつぶるような鈍感力が必要なことが多いです。自分自身は時間をキッチリ守りつつ、フィリピン人の時間にルーズな点は目をつぶる、という感覚が非常に重要です。

日本人で群れない

シンガポールでもそうでしたが、友人や交友関係が日本人中心の人は1-2年で結局日本に帰国します。日本人としてのいい面を持ちつつ、現地の暮らしや文化を吸収することができなければ、長く海外で暮らすことは難しいです。僕自身はシンガポールでもフィリピン(セブ島)でも、日本人会とは常に一定の距離を保つようにしています。そうした会に属すること自体が依存していることにもなりますし、どうしても交友関係が増えると断ることも難しくなりますので。

自分自身を常により成長させる

結局のところ最終的にどうなるかは自分次第です。最終的に仕事がうまくいかないのも、勉強がはかどらないのも自己責任。物事をうまくいかすためには、自分自身が成長していかなければいけません。新しい挑戦、それを乗り越えたり、いろんな人との出会いを自分の成長につなげれるかも、すべて自分次第です。

上記はあくまで個人的見解ですので、ご理解のほどよろしくお願いします。

応援よろしくお願いします。


フィリピン留学 ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑1日1回クリックをお願いします。

記事の投稿者

ZEN English代表者

大学卒業後8年の会社勤務を経て2001年11月30日に起業。起業10年目に海外進出を決意し、以降シンガポール(持ち株会社)、フィリピン(セブ島で英語学校2校、ラーメン屋1店舗)、台湾(事業会社)に拠点を拡大。大阪大学経済学部卒、シカゴ大学MBA。2018年8月よりサウスウェスタン大学医学部へ進学予定。

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
  • 留学JPオンライン英会話
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.