フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > GMAT再受験を考える
2017/12/2

GMAT再受験を考える

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

IMG_4799

NMATの受験を終え一発でクリアしたものの、現在の仕事の状況から来年からフィリピンの医学部で学ぶことはほぼ不可能に思えます。とはいうのも、フィリピンの医学部はそもそもフルタイムかつ超激務なので、仕事をしながらは100%無理。現在僕が4年も仕事から抜けることはかなり現実的でないので(わずか数か月仕事から抜けただけで、問題が多発)、来年大人の選択をする可能性が高いです。

一方、仕事をしながらといってもなんらかのかたちで英語力UPを図りたいもの。IELTS、TOEIC、TOEFLなどずばり英語の試験だとやや歯ごたえがない気持ちもあります。最終的に5年以上前に受験したGMATが、ちょうど期限が切れ(5年間)かつ、現在の英語力ですんなり600後半から700以上とれるか興味があるので、GMATを受けようと思います。今日はそのことについて。

GMATとは

General Management Admission Testの略です。アメリカのビジネススクール(経営大学院、MBA)の入学するためのVerval(英語)とQuantitativs(数学)の試験です。NMATと同じように200-800点のスコアで結果が出て、欧米のトップスクールへの入学(特にフルタイム)には600後半から700以上のスコアが必要と言われています。EMBAプログラムやアジアのMBAだと600点が目安になります。

2012年2月17日にシンガポールで1か月半ほどの学習で受験をし、 

Quantitative 49(85percentile)
Verbal 23(29percentile)
Overall 610(67percentile)

当時の僕の英語力はMBAの学習でとても歯が立たないレベルだったですし、シンガポールに住み始めて間もないころで、英語は全くダメでした。MBA卒業、海外での豊富なビジネス経験を踏まえ、現在の英語力であれば、GMATの難しいVerbalもこなせるのではないかという自信と、現在の英語力で一体何点が取れるのだろうという興味がかなりあります。

PhDの受験でもGMATが使用できる

そもそもGMATはMBAのためのスコアとして有名ですが、その後PhD(博士号)などに進学するときにも、多くのしっかりした大学院でGMATのスコア提出は必須となっています。現時点で欧米のトップスクールの中に、Executive MBAのような仕事をしながらPhDが取れるプログラムを提供しているところはありませんが、シンガポールの一部の大学(院)でそうした動きがあり(SMU、シンガポール経営大学にモジュラーのPhDコースがあり)、少し検討してみたいと考えています。

MBA終了後自己投資は控えてきたが

MBA終了後は自分にこれ以上の投資をする意味や、必要性に疑問を持っていました。あとPhDについては、ビジネスを学習することの意味にも疑問を持っていました。また全く違うことを学習したいという思いから、フィリピンでのロースクールや医学部を検討するに至りました。

振り返ると、もしかして天職かもしれない今の仕事を中途半端に人任せにするより、もう少しつっこんでもいいのではないかと最近思います。少しの実務に久しぶりに携わるだけで、湧き上がるビジネスアイデアは自分自身のビジネスセンスの高さや、今の仕事を天職とも思えるきっかけになりました。

4‐5年で日本に帰ろうと思っているのは間違いありませんので、セブ島にいる間にPhD取得で、帰国後は事業をやりながら大学教授というのもアリな選択ですね。ちなみにフィリピン(セブ島)では、MBAでそうした職種に就くことができますが、給料があまりに低いので、時間をかけるには見合わないように思います。

なぜサンカルロス大学のPhDではないのか?

そもそもフィリピンの大学はリサーチに向いているとは思えません。サンカルロス大学はよい大学だと思いますが、PhDのことを問い合わせにいってみて、あまりそこで学ぶイメージがわきませんでした。本当はサウスウェスタン大学の医学部で学べればよかったのですが、医学やロースクールと比較して、フィリピンのPhDなどのリサーチ分野は、まだまだ劣っているように思います。

職業訓練学校としての医学部やロースクールで学んでみたかったとはいえ、仕事あっての自分なので、完全に引退をするまでは仕事と並行して学べるものを選ぶ予定です。

GMATの目標スコア

過去に1発で610を取得していますが、2回目の受験で下記を目標に考えています。

Quantitative 50以上
Verbal 30以上
合計 670以上

数学は得意なのに前回本番で失敗をして49だったので、今回は確実に50以上取得を目指します。Verbalは前回23で正直しっかり問題を解いたイメージがありませんでした。現在の英語力だとまずは確実に30以上は取りたいと思います。670以上とって、終了したいところです。

いずれにしても、GMATの結果はすべてさらしますので。600切ろうが、よくない点だろうが、こうしたスコアは公開してこそブログのだいご味だと考えていますので。今のところ最大3‐6か月GMATを仕事しながら学習予定です。

応援よろしくお願いします。


フィリピン留学 ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑1日1回クリックをお願いします。

記事の投稿者

ZEN English代表者

大学卒業後8年の会社勤務を経て2001年11月30日に起業。起業10年目に海外進出を決意し、以降シンガポール(持ち株会社)、フィリピン(セブ島で英語学校2校、ラーメン屋1店舗)、台湾(事業会社)に拠点を拡大。大阪大学経済学部卒、シカゴ大学MBA。2018年8月よりサウスウェスタン大学医学部へ進学予定。

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
  • 留学JPオンライン英会話
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.