フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > 自分を知ろう!「16 Personalities」(性格診断)
2017/10/24

自分を知ろう!「16 Personalities」(性格診断)

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

home-16personalities

MBAの授業かマニラのAIMでのビジネスコースに参加したときか忘れましたが、以前英語でやった性格診断をふと久しぶりにしてみました。そもそも性格診断は自分を知るだけでなく、自分に合う仕事を確認するのにも適しています。今回は医者(Physician)という仕事が自分に向いているのかも含め確認したくて実施しました。ビックリするくらいあったっていますので、ぜひやってみてください。※フィリピンの医学部は一般的に英語でPhysician(内科医)となるための過程です。外科、眼科などはカテゴリーに分かれています。

16personalities

16personalitiesとは何か

MIND(Extroverted or Introverted)
ENERGY(Intuitive or Observant)
NATURE(Thinking or Feeling)
TACTICS(Judging or Prospecting)

の4つの指標のどちらかにカテゴリーされることで、合計16種類の性格をカテゴライズするものです。

日本語と英語で診断をすると結果が変わる?

以前実施したときも感じたのですが、診断の中で一つの重要な指標である「Extrovert or Introvert」。いわゆる外交的か内向的かという指標があります。初めて実施したときにこの指標で「Introvert(内向的)」となりビックリした記憶があります。それというのも、日本語環境だとどちらかというと外交的な方なので、英語環境で自分の内向的な部分が見え、非常に考えさせられました。

今回は一番最初に日本語で実施すると、結果は

ENTP(討論者)

適性の仕事に事業家などはあるのですが、医者としての仕事は精神科医が近いくらいで、うーん医者向いていないかあ・・・と頭を少し悩ませました。

数年ぶりくらいに英語で再度診断

以前は英語はあまりできなかったので、英語力が影響していたかもしれません。ということで英語でも再度実施してみました。

IMG_4582

なんと英語でやるとIntrovert(内向型)となり、またしてもINTPとなりました。例えば英語の質問だと、自己紹介は得意なほうかなどは?になり、いくつかの質問で日本語で設問を読み回答するのと少し違う回答になったようです。ちなみに結果は写真のとおり、

INTP(論理学者)

ということで、最適な仕事の中にPhysician(内科医)が含まれており、少しほっとしました。

実際に英語環境だと、ソーシャルな場での発言だとか行動が少し内向的になるのは、自分でも気づいていましたが、こうした性格判断でも違いが出てビックリです。日本語でやろうが英語でやろうがその他の項目は何度やっても、何年たっても同じですね。性格的に論理的で、無計画で、チャレンジャーなのでそうなるのでしょう。

ブログを読まれた方はぜひ性格診断を試してみてください。

16personalities

応援よろしくお願いします。


フィリピン留学 ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑1日1回クリックをお願いします。

記事の投稿者

ZEN English代表者

大学卒業後8年の会社勤務を経て2001年11月30日に起業。起業10年目に海外進出を決意し、以降シンガポール(持ち株会社)、フィリピン(セブ島で英語学校2校、ラーメン屋1店舗)、台湾(事業会社)に拠点を拡大。大阪大学経済学部卒、シカゴ大学MBA。2018年8月よりサウスウェスタン大学医学部へ進学予定。

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.