フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > 2017年10月22日NMAT初受験・感想@USC
2017/10/22

2017年10月22日NMAT初受験・感想@USC

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

img_0995

サンカルロス大学でのNMATの初受験を終えました。英語、生物、社会科学が難化しましたが、それ以外は予定通りの出来だったと思います。当日の状況も含め、今後の受験者にはかなり役に立つだろう情報を書かせて頂きます。

7時集合で開始は8時半過ぎ

会場のサンカルロス大学のメインキャンパスに集合時間の7時少し前に到着をすると、かなりの行列ができていました。フィリピンなので列に並ばずに入る人も多く、普通に列に並ぶと実際にサンカルロス大学の中に入れたのは8時くらいでした。1時間も実際に外で待たされたわけですが、フィリピンなので仕方がないと思います。※もし次回受験する機会があれば7時半に行けば十分かなと思いました。

腕時計を使用できずに時間配分が難しい

腕時計の使用ができなかったのが完全に計算外です。教室には時計もなく、試験官が各パートごとの推奨時間の10分前や終了をアナウンスするだけで、時間をコントロールするのが難しい試験だと思います。英語が40分で終わらずに、最後の5分で残った5問を解かなければならず、3問くらいは適当に答えてしまいました。これは仕方がないですね。※もしマニラの他の学校が時計がある部屋で受験しているとすれば、相当不利だと思いました。

午前中(3時間)の試験の感想

英語が難しいですね・・・。TOEIC900以上、IELTS7の僕でも読み取れない読解が多いです。一言でいうとフィリピ人向け、IELTSで8を取ろうが、TOEFLで110を取ろうが、なかなか高得点は望めません。ボキャブラリーも半分以上適当にマークしました。今回ボキャブラリーの設問数が17に減り、読解が23問になっていました。読解が取り組みにくい問題が多く、難化したように思います。※英語は平均(500)を超えている自信が全くありません。一方、それ以外の3分野は実力を出せたと思います。

予想

Verbal 450
Inductive Reasoning 650
Quantitative 700
Perpetual Reasoning  700

Inductive Reasoningは前半2,3問よくわからない問題があった(後半はほぼ完璧)ので、650にしました。残りの二つはほぼ出来たと思うのですが、数学のグラフの問題はケアレスミスをしやすいですし、一番得意なPerpetual Reasoningも前半の方の2,3問は間違えている可能性のほうが高いので700とします。(当然両方とも満点な可能性はなきにしもあらずですが、予想で満点の800は盛りすぎなので)

午後(2時間半)の試験の感想

最初の生物がかなり難化しましたね・・・汗。サンプルテストにあったような簡単な問題がほぼなく、かなり出来ませんでした。(3分の1がわかる問題、3分の1があいまいな問題、残りが全くわからない問題)物理は前半から中盤はほぼ出来たのですが、後半にサンプルテストに出ていないようなNuclear Physicsのジャンルが2,3問出ました。(これは適当にマークしました)※次回、このジャンルをきちんと準備して、受けた場合は満点近く取れるのではないでしょうか。そして、生物と同じように難しかったのが社会科学ですね。社会科学結構ちゃんと準備しないとダメだなあ、というのが率直な感想。確かにジャンルは広いかもしれませんが、知っていればできる問題なので、対策はしやすいかもしれません。最後の化学はサンプルテストと同じような難易度の問題でしたが、もう少しやりこみたかったですね。これはこれでやればスコアを伸ばせれると思います。

Biology 400
Physics 650
Social Science 400
Chemistry 500

僕は物理が得意なので、まだよかったですが、日本人で物理・化学のどちらか、あるいは両方得意でないとかなり苦戦をする試験なのではないでしょうか。時間的に足りないということはありませんが、生物と社会科学はキチンと準備をする必要があります。(2か月だとそこまでやりこめませんでした)とうのも、生物と社会科学の問の文章量が非常に多くて、一般的に英語力が厳しい日本人に人は、数学的・論理的要素のある科目で得点しないと厳しい結果となります。特に生物は今回特に難しくなっていました。サンプルテストに散見された簡単なCell Biologyの問題はほぼありませんでしたし・・・。(社会科学は社会学の常識で解けるような問題が減っていました)

社会科学と化学は少し点数が厳しいかもしれませんね。社会学は450-550あたりは行く可能性はありますし、化学も結構分かった問題が多かったので、550-600もありえます。※社会学は文章を読んで、自分が正しいと思うものをマークはしました。化学はわかる問題とそうでないものが結構差がありましたが、生物のスコアと比較するともう少し高くてもいいようにも思います。(後日実際のスコアと比較したいと思います)

予想スコア(パーセンタイル)

上記のスコアでざっくり計算をすると、550になりますね。仮にスコアがプラスマイナス50ぶれたことを考えると、50-84パーセンタイルくらい(スコア500-600)ではないでしょうか?これだと目標の70パーセンタイルに行っていない可能性もありますね・・・涙。また悪くても50パーセンタイルはいって、上振れても90パーセンタイルは行かない。上記はあくまで僕の完全なる予想ですし、スコアは偏差値と同じなので、問題が難しいとスコアは改善される可能性はありますが、英語はともかくとして、生物と社会学は勉強不足は否めませんでした。

スコアは15営業日後オンラインでわかるということです。ということで11月6日の発表後このブログでスコアをさらしたいと思います。 15営業日だと10月31日、11月1日、2日が祝日だったため、11月15日だと思われます。

今回英語、生物と社会学があまりできなかったので、70パーセンタイルを切ったら再受験をします。不本意な出来とはいえ、70パーセンタイルを超えた場合は結果オーライということで、再受験はしません。

どうなることやら・・・

応援よろしくお願いします。


フィリピン留学 ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑1日1回クリックをお願いします。

記事の投稿者

ZEN English代表者

大学卒業後8年の会社勤務を経て2001年11月30日に起業。起業10年目に海外進出を決意し、以降シンガポール(持ち株会社)、フィリピン(セブ島で英語学校2校、ラーメン屋1店舗)、台湾(事業会社)に拠点を拡大。大阪大学経済学部卒、シカゴ大学MBA。2018年8月よりサウスウェスタン大学医学部へ進学予定。

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.