フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > TOEIC(SW) Speaking [問題1-2] 対策と勉強法
2017/05/8

TOEIC(SW) Speaking [問題1-2] 対策と勉強法

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

IMG_3300

TOEIC(SW) Speaking 問題1-2番対策
※対象: TOEIC(LR)700点〜

問題形式

スクリーンショット 2017-05-08 16.47.53

(公式サイトのサンプル問題です。コチラからお試し受験することができます)

TOEIC Speakingの1−2問は例題にあるような文章を音読するというものです。45秒間準備する時間が与えられた後に、45秒間読む時間があります。文章のトピックは留守番電話やスピーチなど、文の長さも含めてTOEICリスニングパート4とほぼ同じような感じです。Speakingパートの中では最も簡単なセクションです。

問われる能力は適切な発音とアクセントです。また文中には例えば”Michael Corporation”などの固有名詞が必ず出てきますので、その綴りから発音をある程度推測する力も必要になります。

まずは基本的な発音と単語力

スピーキングのテストなので当たり前ですがまずは発音練習です。これはこのパートに限らずSpeakingパート全てに共通することですが、第一に必要なことは基本的な発音方法をしっかり習得することです。

発音の参考書はたくさんありますがオススメ、有名どころとして「フォニックス」と「英語耳」を挙げておきます。

発音習得はノンネイティブが独学で行うのが難しく、最終的には自分の発音をチェックしてくれる人が必要になるので、本を使って自分で学習した後に、短期留学する・外国人の友達に頼む・オンライン英会話を利用する等の工夫が必要です。

そして次に単語力。その単語を知っていないと正しく読むのは困難です。TOEIC(SW)に出てくる単語は高校レベルの基本的な単語ばかりですが、TOEIC(LR)に出てくる8割ほどの単語は理解出来るレベルは欲しいところです。

ポイントとなるアクセントや読み方を抑える

TOEIC(SW)にはいくつかポイントとなるアクセント・読み方がありますので、公式本に付いてくる音源を聞いて必要な要点を押さえましょう。

文の区切り
文章が長い時はカンマ・接続詞・前置詞後など意味が途切れる場所で少し間を置くようにしましょう。参考書の例題には斜線で区切りがつけられていますが、普段から英語に触れている人はなんとなくどこにインターバルがくるか感覚的に掴めていると思います。逆に変なところで途切れると減点対象となるので気をつけないといけませんね。。

アクセント
次にアクセントです。文の中の重要だと思われる単語を強く読みます。経験的には基本的には動詞や名詞になることが多いです。僕もそうだったのですが、日本人は主語をけっこう強く読んでしまう人が多いので気をつけましょう。代名詞は意味的に重要なポジションには来ないので強く読む必要はありません。

He went to the museum. この文だとwentとmuseumがアクセントを付ける箇所になります。どこが大切かはその人次第のところもありますが、それでいいんだと思います。自分が重要なポイントだなと思ったところにアクセントを置くよう普段から心がけるといいでしょう。 例えば「昨日博物館行った人って誰だっけ?」という質問に対する返答だとすると人に関する質問なので、Heを強く読む必要がありますね。

このように最終的には文脈次第なのですが、問題1,2の文章は1人のスピーチなので基本的に動詞と名詞にアクセントを置くことが多いです。

演習

上記のポイントを抑えられたら、後はひらすら文章を音読して練習です。テストでは初見で読まなければいけないので、同じものを沢山読むよりも沢山の文章を読むようにするといいと思います。

教材はやはりTOEIC(LR)のパート4が最適でしょう。今まで自分でやった公式問題集を使えば良いと思います。ちなみにこのパート4は音源通りに読むとかなり速いので時間がけっこう余ります。実際のテストでは読む時間が45秒で比較的余裕があるので、音源ほど早く読む必要はありません。制限時間に間に合えばいいので、ミスが無い程度に自分のペースで発音をしっかり確認しながら読んでいくといいでしょう。

記事の投稿者

Martin

ZEN Englishマネージャー/TOEIC講師/法政大学建築学科卒/

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.