フィリピン留学 セブ島真面目留学 ZEN English
> > > セブ島から日帰りで行けるダイビングスポット4選
2016/08/2

セブ島から日帰りで行けるダイビングスポット4選

  • facebook
  • LINE
  • Pocket

セブ島は今や人気の観光リゾートとして知られているのはもちろん、英語を学ぶ留学先としても広く知られています。有名なシャングリラホテルやMOVENPICK RESORT & SPAといった高級ホテルリゾートも充実しており、世界中からさまざまな観光客が集まっています。ほとんどのホテルは美しいプライベートビーチを所有しており、シュノーケリングやダイビング、バナナボート、パラセーリングといったアクティビティを楽しむことができるようになっています。

スキューバダイビングはどこでできる?

セブ島といえども広く、市街地とリゾート地でエリアが異なります。セブ市のほうは高層ビルやレストラン、語学学校、ショッピングモールが数多く立ち並んでおり、いわゆる都会エリアとなります。一方、ダイビングスポットが集中しているのがリゾートや空港があるマクタン島エリアとなります。ほとんどの観光客の方がセブ島のリゾートと言ってイメージするのが、このマクタン島ということになります。マクタン島周辺はもちろん、マクタンからボートで数十分程度足を延ばせばさらに美しいダイビングスポットに出会うことができます。ここではセブ市から日帰りで行けるダイビングスポットをご紹介します。

ナルスアン(Nalusuan Island)

nalsan

水の透明度と魚の数では圧倒的におすすめなのがナルスアン島周辺です。マクタンからボートで出発して約20~30分程度で到着します。長い桟橋が続く景色が特徴的であり、ビーチとシュノーケリングエリアが充実している島になります。レストランや宿泊施設もあり週末は観光客でいっぱいのエリアです。ナルスワン周辺では主にカラフルな小魚がを見れるため、小さなパンを持参してフィッシュフィーディングをすると魚がたくさん寄ってきます。水の透明度も高く、サンゴ礁もカラフルで美しいため写真撮影にも適したスポットとなっています。特にシュノーケリングやダイビングの楽しさを知りたい!という初心者の方におすすめです。

ヒルトゥガン(hiltugan Island)

hiltugan

マクタン島からボートで15分程度出た場所にあるヒルトゥガン島は、透明度こそナルスアンほど高くありませんがやや大型魚に出会えるダイビングスポットとして有名です。大型魚の群れや、イカ、巨大ナマコ、フィリピンで高級魚として有名なラプラプに高確率で出会うことができるため、小さな魚に飽きてきたダイバーさんにおすすめのスポットです。サンゴ礁はそこまで綺麗というわけではありませんが、ナルスワンより少しダイナミックなダイビングを楽しみたい人はぜひチャレンジしてみてください。

 

オランゴ(Olango island)

olango

日帰り旅行でも一泊旅行でもOKなオランゴ島は、セブで働く日本人にとって旅行先として人気があります。比較的大きな島となっており、周辺にはタリマという海洋保護区があるため、美しい珊瑚や魚を楽しむことができます。宿泊施設もあるため、一泊してシュノーケリングやダイビングを満足するまで楽しんでもよいでしょう。沈没船スポットも見どころとなっているため、興味がある人はチャレンジしてみてください。

マクタン島周辺(Mactan island)

mactan

マクタン島沿いには様々なダイブショップやリゾート地が立ち並んでいるため、ボートを使わずとも沖からダイビングを始めることができます。沖からダイブをした場合はボートを使用しないため、やや料金が安くなることがほとんどです。マクタンは観光客が多く、生活排水やビニール、プラスチックごみなどが多く漂っているため、サンゴ礁はそこまで期待しないほうが良いでしょう。初心者の方でダイビングにチャレンジしてみたい、近場で手軽にダイビングしたいという方にはおすすめです。

ダイビングまでの基本的な流れ

①マクタン島までの移動

実際にダイビングをしようと思った際には、まずマクタン島まで移動する必要があります。セブ市からマクタン島まではタクシーを利用してダイビングショップまで行きましょう。ダイビングショップはダイビングだけではなくシュノーケリングのサービスを提供しているので、目的が違う友人同士で一緒に行っても問題ありません。マクタン島のビーチ沿いにショップが立ち並んでいるため、最低でも300ペソ以上の料金が片道だけでかかります。また、マクタンまで行きたがらない運転手もいますのであらかじめ行先は確認してからタクシーに乗りましょう。渋滞を理由に50ペソ上乗せされる、というケースもあります。

 ②申し込み/支払い

マクタン島のショップまで到着したら、まずは受付で申し込みをしましょう。大体のダイビングショップでは、ダイビング開始時間がおおまかに決まっていることがあります。(例えば朝は8時から、昼は12時から、、、とかですね)そのため、事前に予約をしておいたほうが無難です。とはいえウォークインといってその場で申し込みも可能ですので、予約をし忘れた場合もそこまで心配する必要はありません。しかし、ダイビングショップの混み具合によっては最悪ダイビングできない、、、ということにもなりかねませんので、予約をしていくことをおすすめします。通常、ダイビングする際は2ダイブが最低回数となりますので、支払いを済ませます。フィリピン人経営ですと3000ペソ、日・韓系ですと4000~8000ペソからが相場になります。

 ③ダイビング

支払いを済ませ、ウェットスーツに着替えたら出発です。ナルスアン、ヒルトゥガンといった島に行く場合はボートで沖まで移動ということになります。基本的にはフィリピン人の運転手付きのボートで出発し、目的地まで向かいます。ダイビング中船は待機してくれているのでご安心ください。お水やスナックなど必要であれば事前に用意しておきましょう。お魚に餌をあげたい場合はパンなどを持参しましょう。

※近年では環境汚染などの問題から、フィッシュフィーディングについて反対意見もありますので、パンを持参する場合は少量にしましょう。

④帰宅

ダイビングが終わるとボートでダイビングショップまで戻ります。ほとんどのダイビングショップではシャワーが付いているため、軽くシャワーを浴びてから着替えて帰宅します。マクタンはタクシーがつかまりにくいため、お店のスタッフにお願いしましょう。

以上がセブ周辺おすすめダイビングスポットとなります!

初心者の方、ライセンスのない方でも楽しめますので、ぜひ観光、留学の際はトライしてみてくださいね。

記事の投稿者

Saki

福岡出身のSAKIです。セブ島に来て1年近くになります。 スキューバダイビングとカフェをこよなく愛する26歳。 IELTSやTESOL、留学情報など、元留学カウンセラーとして様々なことを発信していきたいと思います。

  • ZEN English公式LINE
  • ZEN English公式ブログ
  • 世界で活躍する日本人(アカデミック)を応援するブログ
  • ZEN English 語学学校スタッフ募集!
  • ZEN English Offical Blog
  • 留学JP
  • オーストラリア留学ならセレッソ
  • 留学JPオンライン英会話
info@zen-english.jp
  • blogbloginstagram

ZEN ENGLISH所在地

T +63.32.236.2027 /
11 Wilson St., Lahug, Cebu City 6000

©2016 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC.